一風堂のラーメンは株主優待で割引で食べよう。末尾に1のつく日は20%割引。優待券は同伴者の分も無料になるぞ

力の源(チカラノミナモト)ホールディングス(証券コード 3561)という会社があります。

会社名を言われてもピンと来ませんが、博多ラーメン店「一風堂」を経営している会社と言えば、知っておられる方もいらっしゃると思います。

で、こちらの株式には株主優待があります。

昨日、自宅にこの優待が届いていました。

優待の内容は下記のとおりです。

①割引カード

100株以上 10%割引カード
1,000株以上 15%割引カード
3,000株以上 20%割引カード

* 毎月1日、11日、21日、31日は、10%及び15%割引カードも一律20%割引

②優待券

100株以上 1年以上継続保有* 1枚
1,000株以上 3枚
3,000株以上 5枚

※「白丸元味」もしくは「赤丸新味」(メニューにない場合は同等額の商品)1杯を、1回無料にて提供。
同伴者がいらっしゃる場合のみ1枚につき2杯を無料提供

で、6月27日現在の終値は、725円。

この会社は2017年3月に上場した比較的新しい会社です。

2019年3月期の売上は274億円、前年比12.3%の伸び。EPS(1株当り利益)は26.26円。PERは27.6倍。配当は、年間8円ですので、配当に期待してはいけません。

四季報によれば、「海外も店舗純増と拡大続くうえ、東南アジアや米国中心に好調を維持。3月にベトナムに初出店。今期中にはニュージーランド進出も視野。海外での展開加速。」と記述されています。

自分はと言えば、この優待に目がくらみ、2018年8月16日にポチッと100株を取得した次第。

取得単価 1,172円。現在、含み損 44,700円の状態です。

自分のポートフォリオの中では、力の源になっていない株式です。

だけど、一風堂の赤玉、白玉ラーメンに目がくらんだ自分が悪いわけですが。

まあ、都心(六本木店)店舗に出向いて客層を見ると、アジア圏、欧米も合わせ外人さんが多いですね。

だけど、六本木で見ても、一蘭ほど外には行列が出来ていないんだな。同じ博多ラーメンでは一蘭の方が外国の人には浸透しているようには見えるが。どうだろう。ガイドブックへの掲載が影響しているのかな。

ちなみに、上場来高値は2,700円です。

株主優待カードは財布の中に入れておけば重宝するカードです。特に、毎月1日、11日、21日、31日は10%offカードでも20%の割引が受けられるので、大変お得かと思います。

割引が受けられるお店は「一風堂」ブランドのラーメン店以外では、「五行」「イチカバチカ」「PANDA EXPRESS」「行集談四朗商店」「名島亭」があります。

優待カード以外の優待券は次からは自分ももらえる対象になります。同伴者がいる場合は2杯無料になる優待券とはおもしろいですね。

そして、自分の買値を上回るのはいつのことかな。相当迅速な海外展開をしないと上昇しないのでは。

だけど、今から購入する人にとっては、底値は限定的と思うので、ラーメン好きの人には面白い株式とは思いますが。

どうでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。