(改悪なのかな)アマゾンゴールドカードの新規申込が中止という衝撃的なニュースが!

そのニュースは実に衝撃的な内容だったのです。

何と、あのアマゾンのゴールドカードである「Amazon Mastercardゴールド」の新規発行が中止となり、すでに現在、新規の申込みはできない状態なのです。

アマゾンのHPで確認したので、間違いありません。

このAmazonのゴールドカードの最大の魅力は、年4,400円(税込)のコストで本来的には年4,900円(税込)のAmazonプライムを維持できるのが超魅力的だったのです。

自分も最初は単にアマゾンプライムに加入したのですが、こちらのゴールドカードを保有してプライム会員を維持した方がメリットが大と思ったので、現在もこのカード保有してのプライム会員なのです。

但し、一般カードのAmazon Mastercard クラシックは継続募集します。

ゴールドカードは、アマゾンでの通常の買い物でも、Amazonポイント還元率が2.5%ありました。

やはりユーザーに取って妙味が高く、企業側にとって採算性が悪いと判断されたようでゴールドカードのみ新規募集停止となり、一般カードは継続となったようです。

既存のAmazon Mastercard ゴールドには終了のアナウンスは全くありませんでした。現時点では継続利用が可能です。有効期限切れで終了とならず既存カードは継続OKとなると、神カードに昇華します。ちなみに、自分のカードの更新月は2024年8月なので、その時に今後の対応がわかると思います。

まあ、同じ条件でゴールドカードの付帯サービスが継続されなくても、何らかの救済措置はあるのかなと期待しています。

しかし、これにはビックリしたな。

こう書いておきながらですが、自分はアマゾンの決済用クレジットカードは専らアメックス・グリーンなのです。アメックスの「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録のあなたなら、無料登録するだけでずっとポイントが3倍というキャンペーンがずっと展開されているのです。つまり、100円=3ポイント貯まるので、アマゾンでの決済は専らアメックスなのですね。

当面実害はありませんが、事の成り行きを見守っていきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメント

  1. gun534 より:

    はじめまして。
    本日Amazon Masterゴールドカードの規約が2021/11/01から変更になるというメールが届きました。
    それによると、年会費が無料になる代わりに、プライムは個別に掛けてくれということでした。結局はゴールドカード加入によってプライムが割安になっていたものを狙い撃ちのようにして規約を変更してきたわけです。
    その他、還元率の若干の差はあるものの、一番の旨味で合ったと思われるプライムが通常料金より安くなるというメリットはこれでなくなることになりそうですね。
    おそらく今停止しているのはこの規約の変更及びカードのデザインが変更になるということで、その辺の対応のためじゃないかと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。