デリーのインディラ・ガンディー国際空港のラウンジ選びは迷う必要なし。ターミナル移動は数ルピーかかるのをお忘れなく。

帰国便のJAL 740便はインディラ・ガンディー国際空港のターミナル3から出発です。国内線から、国際線発着のターミナル3への移動は空港内のシャトルバスでターミナルを移動する必要があります。現金はコインも含めて、コルカタに一人で残る家族にすべて渡しての帰国です。コルカタのホテルから空港まではUber利用なので、現金は入りません。

よって、クレジットカードが数枚あるだけで、無一文での帰国です。

だけど、無事、インディラ・ガンディー空港に到着して、ターミナル移動でドツボにはまりました。当然、空港内のシャトルバスは無料と思っていました。すると、乗り込むと、何と1人2.5ルピー(3.5円)を車掌が集めに来るではありませんか。オーノー。1円も持っていません。

どうなるのでしょうか。結果は、横にいたおじさんに身振りでお金がないジェスチャーをすると、何とおじさんが2人分払ってくれました。まさに、神様です。ありがとう。

だけど、ターミナル間の移動が有料とは。とほほな世界です。

LCCでの国内線から乗り換えですので、空港には早めに着きましたが、この帰国のJAL便は16時30分にはカウンターが開いていました。JALカウンターでのチェックイン時に、ラウンジが2つあるが、どちらにするかと聞かれました。「ITC Hotels Green Lounge」と「プラザ・プレミアム・ラウンジ」の2つから1つ選べます。「プラザ・プレミアム・ラウンジ」の方は手持ちのプライオリティ・パスで入室できると思い、JALカウンターでは、「ITC Hotels Green Lounge」の方を選択した次第。

場所は、イミグレを抜けて、標識があるエスカレーターを上った4階にあります。そのフロアーはファーストフードなどのフードコーナーでもあります。

このラウンジ、2つとも並びで営業しています。2つともはしごをした感じでは、食べ物はプラザ・プレミアム・ラウンジの方が少し充実しているようでした。麺をサーブしてくれるコーナーもあります。だけど、あまり美味しくないですね。ただ、こちらの方が利用者が多いので、少し混雑しているのが難かな。

一方、ITC Hotels Green Loungeの方はプレミアム・ラウンジと比べれるとゆったりした造りで、お客さんは少ないです。まったりとアルコールを飲む人にとってはこちらの方がよいかな

いずれにしても、どちらのラウンジもプライオリティ・パスがあれば入れるので、JALカウンターで悩む必要はないのかな。せっかく、デリーの空港のラウンジなのだから、おいしいカレーなどがサーブされれば良いのに、なかったと思います。

今回はコルカタのホテルから東京の自宅まで、結局、無一文で帰ってきました。成田空港から都心までは、到着ロビーにある京成バスのカウンターで東京シャトルをクレジットカード利用で決済ですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。