ANAの「手ぶら旅行サービス」という旅先での商品レンタルお届けサービスが始まった。最大2泊3日で料金2,000円

最近のANAはフライト就航地、新サービスの導入、ANAショップでのオリジナル商品の開発など、JALと比べて相当に積極的な事業展開をしているという印象です。

そして、12月3日よりまた奇抜な新サービスが始まりました。

タイトルは、「ANA手ぶら旅行サービス」というものです。

今回は、Berneys NewYorkとCanonとのコラボ企画です。

そしてモニター企画という期間限定でのサービス開始です。

どうゆうサービスかと言うと、旅先に衣料一式とカメラをレンタルする2本立ての商品レンタルサービスです。

ホテルに着いたら早速着替えよう。非日常のはじまり。 アウターや靴をいくつも持っていけないけど、旅先でもおしゃれを楽しみたいもの。 TEBURA FASHIONなら、ホテルで借りてそのまま返せるので、 プロが選んだいつもとは違うコーディネートに身を包んで、気分を上げて出かけよう。

一方カメラの方は、

「⼀眼レフカメラ」を、宿泊ホテルで受け取り、 返却できる新しい旅⾏サービス。 カメラ初心者でも簡単に本格撮影ができるミラーレスカメラ、EOS Kiss M。

手にしたその瞬間から、シーンを問わず高画質な撮影が可能です。 撮った写真はすぐにスマホに転送できるので、旅先からのシェアも簡単。

  • 募集期間: 2019.12.03 から 2019.12.15
  • 回答期間: 2019.12.16 から 2019.12.20
  • レンタル提供期間: 2020.01.01 から 2020.03.31
  • モニター特別価格 2,000円

で注意しないといけないのは、国内旅行のみで最長2泊3日のレンタルになります。すなわち、お届け先が国内ホテルだけとなります。

例えば1週間の旅行でも、レンタルした商品は2泊3日以内に返却すればOKということになりますね。

衣服は当然、女性と男性に別れ、それぞれカジュアルとドレスの2つのコディネート提案があります。

例えば、男性の衣服は、コーディネイトがAからFまでの5通りあります。カジュアルが3通り、ドレスが2通りです。

一方、カメラは、「EOS Kiss M」でボディーカラーはブラックとホワイトの色違いがあります。

このサービスを利用するにあたって注意しないといけない点は、

  • 最大2泊3日までの旅行
  • ホテルにチェックインして荷物を受け取ってから利用可能
  • 全てオンライン(ANAウェヴサイト)からの予約
  • トップス+ボトムス+靴+バックのコーディネート一式でのレンタル。単品でのレンタルは受け付けていない
  • 返却はレンタル期間最終日までに宿泊ホテルフロントにて配送出しをすること
  • レンタル品のクリーニングや修繕はANA側で行うので、使用後はそのまま返却でOK
  • レンタル商品は全てクリーニング済み。新品ではない
  • レンタル品が次のお客様にお貸しできない状態で戻った場合は、商品代金を支払わないといけない
  • 全国のホテルに発送可能
  • 配送料はモニター料金2,000円に含まれている
  • 試着は当然、事前にはできない
  • 指定の商品が既に他のお客様にレンタルされていて貸し出しできない場合がある

何か変わったサービスですが、2020年3月31日までに国内旅行が決まっている人、ホテルが決まっている人は試してもよいかもです。

自分なら、衣服の場合は、カジュアルはレンタルなど不要ですが、ドレスのコーディネイトFは利用しても良いかなと思います。

セットアップジャケット&パンツのシックなコーディネイトは需要がありそうです。

プライベートな旅行でスーツを持って行くのは荷物がかさばるのでイヤなのですが、旅先で少し高級なレストランなどに行く場合に備えて、事前にこちらのサービスでホテルに配送されていればありがたいです。

まあ、モニター企画ということで、さすがのANAもニーズを確かめないと、本格運用にはならないと思うサービスでしょうね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。