ANAインターコンチネンタルホテル東京のザ・ステーキハウスでUSサーロイン200gを食す。ワインがすすんでお財布にはたまらんな

11月後半の三連休の最終日です。

本日の夕食は、宿泊とレストラン予約の「一休」で貯まったポイントを利用して食事をしようということになったのです。一部は先日、Go To Eatキャンペーンでいただいた3,000ポイントも含んでいます。利用してこそのポイントです。

そして、オンラインサイトでのGo To Eatキャンペーンが終わりそうという報道がなされており、慌ててレストラン予約をした次第です。

そして選んだのが、ANAインターコンチネンタルホテル東京のザ・ステーキハウスなのです。ホテルのステーキレストランにしては価格が相当に魅力的なプランが出ているので、こちらをチョイスしたのです。

  • レストラン名:ザ・ステーキハウス/ANAインターコンチネンタルホテル東京
    電話番号:03-3505-1111
  • 予約プラン:(ディナー)【ステーキハウスセット】選べる前菜、メイン、デザート全3品
    ●来店日時:2020年11月23日(月) 18:30
    ●利用人数:3人
  • プラン料金:4,475円 × 3人 = 13,425円
    ●割引金額
    ・一休ポイント利用:4,878円分
    ・ポイント即時利用:128円分
    13,425円(明細合計)- 5,006円分(割引金額)                ●お支払い金額:8,419円(現地決済)

もちろん、Go To Eatポイント 獲得予定ポイントも3,000ptとクレジットされています。

そして、本日は18時30分という早めの時間に3名で訪問です。

グラウンドフロアにあるブッフェのカスケイドカフェには人がかなり戻っているという印象ですが、ステーキハウスはまだまだですね。1割ぐらいの入りです。

まずは本日はステーキということでグラスワインをいただきます。

で、本日のコースは前菜・メイン・デザートをこんなメニューから一皿づつチョイスしていくスタイルです。

  • 前菜
    • ステーキハウス シーザーサラダ
    • 季節のマーケットサラダ
    • トマトとリコッタチーズのサラダ
    • タコの炙り
    • エビとアボカドのサラダ(+621円)
    • ロブスタービスク(+621円)
  • メインデッシュ
    • リガトーニ パスタ
    • サーモングリル
    • バーベキュー 鹿児島豚のリブロース
    • US サーロイン 200g (+621円)
    • US フィレ 150g (+3,356円)
    • US リブアイ 300g (+4,848円)
    • 仙台牛 フィレ 150g (+9,695円)
  • デザート
    • ベイクドチーズケーキ
    • ピーカンパイ
    • アップルコブラ―
    • チュロス
    • レモンシャーベット

我々のチョイスは前菜は、シーザーサラダとタコの炙りです。

“タコの炙り”というド直球な名前ですが、タコはやっぱりうまいな。ピノノワールのワインがぐいぐい進みます。このワイン、高いのです。まずいチョイスです。

そして、メインですが追加料金を考えれば、これしかないな、というステーキを注文です。追加621円でUSサーロインを3名共に注文です。焼き方はめいめいウェルダンとミディアムでお願いします。

こちらは6種類の違ったお塩も添えられています。お値段もお値段なので、お肉の質はこんなものでしょう。おいしくいただきました。200gのサーロインをペロリです。

デザートはベイクドチーズケーキとアップルコブラーです。紅茶を飲みながら、過ぎ去った3連休が名残惜しいですね。

でお会計ですが、ワインも2杯飲んでしまい、合計12,000円の出費になってしまいました。

飲みだすと止まりませんね。

食後、お店の方と10分ほど話し込みましたが、ANAインターコンチのレストランも相当厳しいようです。陰ながら応援しています。

ご馳走様でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。