2021年1月、最後の土曜日の夕食は「築地すし好」で決まり、赤坂の2店中のうち1店は休業とのこと。厳しいな

週末の土曜日の夕食です。本日は連れが腰痛がひどいと報告してきたのです。そうすると、レストラン選びも遠出は憚れるところなのです。

そんな訳で、本日は赤坂にある「築地すし好」にしようということに相成ったのでした。赤坂にはすし好が2店あります。

  • 築地すし好 赤坂通り店
  • 築地すし好 赤坂店

そして、自分たちがよく利用するのが、「築地すし好 赤坂店」なのです。こちらの方が大振りなお店ですね。そして、大将らしき人と顔なじみなので、ついついこちらの方にお邪魔するんだな。

そんな「築地すし好 赤坂店」ですが、18時30分に伺ってみると、何とクローズされているようです。今のこの非常事態宣言下では、赤坂は1店のみの営業で十分と判断されているようですね。

ということで、今日は「築地すし好 赤坂通り店」に引き返すのでした。こちらの方はテーブル席とカウンターがわずかに空いている盛況ぶりなのです。

多少密感はあるのですが、テーブル席を確保したのでした。

まずはビールで乾杯です。今日の付き出しは、クラゲの和え物です。この付き出しは普通においしいですね。コリコリ感がたまりません。ビールがすすむ付き出しですね。

そして、注文です。まずは、つまみからです。いつものように、貝と光もので1人分を注文したところ、係りのお兄さんから、サザエを入れますかと問われたのでした。

初めてのことで、少しドギマギしたのでした。おそらく、サザエを入れてもらうと高くなるんだろうな。ここは、“サザエはなし”ということで、心を強く持って、注文したのでした。

さして、サーブされたのがこの盛りです。なんとなく1人前にしては多いような気がします。何か高そうだな、というなんとなく嫌な感じを持ったのです。(実際は最後の会計では4,500円と判明です。まあ許せる金額かな。)

やはり店か違えば、同じチェーンでも勝手が違います。このつまみを平らげるのには、少し手間取ったのでした。やはり量が多いです。

そして、連れは“まぐろづくし”を各々ご注文のようです。美味しそうに食べています。やはり食べる順番は赤身から最後は大トロなのですね。

食べ終わると、あら汁をご注文です。つづいて、巻物、サーモン、さらにまぐろと腰は痛いというければ、食欲は旺盛のようです。

そして、19時にはお酒はラストオーダーのお知らせです。連れからはチェックが入りましたが、芋焼酎のお湯割りを2杯確保したのでした。

そのお湯割りで何とか、つまみの盛り合わせを完食したのでした。そして、最後の締めはいつものように、“あなご”2貫で手じまいしたのでした。

これで、お会計は13,700円です。まあ、こんなものかな。

いよいよ2021年1月も過ぎようとしています。はや2月です。緊急事態宣言も延長のようですので、Go To イートの引換券も使えずじまいが続きそうですね。

ご馳走様でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。