キャピトル東急の「ORIGAMI」の排骨拉麺(パーコーメン)から急遽、「味芳斎」の黄金の定番三品に変更、酷暑の夏にはこれだね

土曜日のお昼は前日のブログで取り上げたように、セブンイレブンで購入した「中華蕎麦とみ田 濃厚豚骨魚介 つけ麺」を食したのでした。

そして、土曜日の夕食です。予定では2名です。2名だと中華は品数が頼めないので、まずは除外です。

そうすると、東急電鉄の株主優待「東急ホテルズ ご飲食代10%割引券」を利用して、キャピトル東急の「ORIGAMI」にてプリフィックスコースを食そうということに相成ったのでした。

8月15日の終戦記念日です。電話で夕食のテーブルを予約したのでした。ちなみに、キャピトル東急のHP上からのネット予約では満席ということで予約できなかったのです。

だけど、電話をするといとも簡単に予約できたのにはビックリです。

今日は前菜をエスカルゴにしようかなと思案していたのでした。

そんな土曜日の午後、何の連絡もなしに遠方に住んでいる家族が突然1人返ってきたのでした。なんでも夏休みで1週間、東京で過ごすとのこと。

おいおい、予定が大きく狂うのでした。

3名での夕食ともなれば、キャピトル東急は予算オーバーです。キャピトル東急の「ORIGAMI」の名物の逸品、排骨拉麺(パーコーメン)は今日はなくなったのでした。ああ残念です。今日はエスカルゴからメインは排骨拉麺(パーコーメン)の妄想を抱いていたのです。

そして3名で1人が久しぶりの東京とならば、夕食は芝大門の「味芳斎 支店」しかないな、と確信したのです。

  • 「味芳斎 支店」
  • 東京都港区芝大門1-10-1 全国タバコビル1F

念のため、電話をして19時に3名で訪問です。日本一の町中華の「味芳斎 支店」、今日も妖しい光を放っています

お店はまだまだ満席には程遠く、3割程度の入りかな。

やっぱり、まずはスーパードライで乾杯ですね。定番キャベツの酢漬けをさかなにビールがぐいぐいと進みます。

壁を見ると新作メニューの夏らしく“紅焼牛肉涼麺”の張り紙も目に留まります。

だけど、3名となればいつもの黄金の定番の3品しかないのです。

  • ピーマンレバー
  • ニラレバ炒め
  • 肉野菜うまに

これをすべて大盛りでお願いしたのです。今日は誰もご飯類を頼みません。糖質制限実行中です。

そして、30年間通っていると些細なことでも目につくのです。いつもは、火の通りの早い順に、ピーマンレバー → ニラレバ炒め → 肉野菜うまに の順に決まったようにお皿が出てくるはずなのです。

だけど、本日は何と、肉野菜うま煮からサーブされたのです。こんな経験初めてだな。

料理人が変わったのかな。そして、3名が3名共に肉野菜うま煮の感じがいつもと違うというのです。見た目もなんとなく違うんだな。

どこが違うのか問われれば正確には答えられませんが、いつもと違うのです。

まあ、そんなことはさておいて、遠方から帰ってきた家族は約1年ぶりの「味芳斎」での黄金の定番3品となったのでした。

夏はやっぱり、“ピーマンレバー”と“ニラレバ”食べないと特に今年の酷暑は越せないな

そして、お会計をすませ、酷暑の8月、「味芳斎」での夏の陣は終わったのでした。

帰りに会計伝票を見ると、お会計は6,616円。これ、安すぎです。

今日もご馳走様でした。次は3ケ月後かな。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。