SBI証券のクレカ積立、選ぶ投信は「eMAXIS Slim 全世界株式」一択だろう

例の鳴り物入りで始まる、“SBI証券の三井住友カードクレカ決済で積立ができる”サービスですが、いよいよ本日(7月10日土曜日)が第一回目の締め切り日なのです。

自分はまだ設定しておらず、クレカ積立をただ今、設定完了したのでした。

「スタートダッシュキャンペーン」と銘打ってのクレジットカードの投信積立で最大Vポイントが最大3%もらえるのは大きいです。

このキャンペーンに該当する期間は次のとおりです。

  • 投資信託積立設定期間:  2021/6/30(水)~2021/12/10(金)

但し、3%貯まるクレジットカードは原則、プラチナカードのステイタスです。2%貯まるカードはゴールドカードです。普通のカードはポイントアッププランの1.0%ですが、キャンペーンで+0.5%となり、1.5%分貯まるということになります。

自分は三井住友カード発行のANAのプラチナカードを保有していますが、これが該当するか定かでなかったので、今回は本積立用には使わなかったのです。そして、自分が使ったカードは普通の三井住友カード(NL)なのでした。

まあ、参加することに意義がある程度です。

クレカ積立の手順はかんたんです。

まずは、SBI証券の「投信」タブを選び、「投信積立」を選択します。

クレジットカードでの積立を選べば、三井住友カードのVpassに自動的にとびますので、そこで認証を得られればOKです。

問題は、このクレカ積立用にどの投信を選ぶかです。

自分の場合は、この商品一択なのです。

  • 三菱UFJ国際 – eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)

少し迷ったのは、同じ商品ですが、日本を除くか、除かない全世界株式を選ぶかです。SBIの人気度で言えば除かない全世界株式の方が大人気のようですが、自分の場合は、日本株は個別株で保有しているので、あえて追加で日本株まで保有する必要はないと判断して、こちらは除外したのでした。

こちらの商品は、保有する維持コストも非常に低く、非常に良心的な商品だと思います。

自分にとって、クレカによる積立投資は今回で3社目なのです。

  • 楽天証券での楽天カード積立
  • tumiki証券でのエポスカード積立
  • 今回のSBI証券での三井住友カード積立

次は2021年秋に始まると言われているマネックス証券のクレカ積立かな。マネックスのクレジットカードも既につくり、準備万端です。

だけど、こんなに増えてくると、趣味の領域というか、どこかに集約した方がよいのかなと思う自分がいるのです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。