2021年10月、日本からイタリアへの入国。パスポートの提示だけで超簡単に入国できるとは驚いた

今、このブログをイタリア・ローマののテルミニ駅近くのヒルトン・ダブルツリー・ホテルで書いています。(2021年10月9日現在)エアラインの搭乗記より早くお知らせしようと思ったのは、実際に現地に来てみると海外フライトでのコロナの対応状況が非常に違うということが分かったのです。

今回は、羽田からイスタンブール経由でローマへという、ターキッシュエアラインズで入りました。

まずは、羽田のエアラインのカウンターで最初から必要とされていた、「英文で陰性証明書」と「ワクチン接種証明書」を提示しました。カウンターの人が言うには、この登録はお済みですか?と聞かれたのです。

https://app.euplf.eu/#/

搭乗するまでに、イタリア入国には必要なのでこちらのURLにアクセスして必要事項を記入してくだい、と指定されたのです。カウンターでの写メはこちらです。

一応、これで搭乗手続きは完了し、出国手続きをすませ、羽田の制限エリアに入りました。ANAラウンジに入り、指定されたURLにアクセスし、情報を入力していきます。

だけど、これが非常に入力する情報が多すぎて、かつ英文で、時間がかかるのです。真面目に記入しようとすると、30分はかかるかな。

最後はユーザーインターフェイスも悪く、イライラしながら、かなり適当に流した感じです。

そして、12時間のフライトを経て、イスタンブール空港に到着です。

イスタンブールではトランジットだけなので特にコロナ対策用の書類は求められません、当然ですね。

次はローマに向けてのフライトです。イスタンブール発ローマ行きの搭乗では搭乗口で係員から陰性証明書を求められましたが、ちらっと見ただけで、スルーパスです。搭乗者全員に何らかの陰性証明書の提示を求めていました。

そしてターキッシュエアラインズの機内です。機内ではcovid-19に関する2種類の書類が配られ機内での記入を求められました。ローマ到着までに機内で、うち1つの書類をCAさんが回収されたのです。

そして、いよいよローマの玄関口・ローマフィウミチーノ空港到着です。

現地時間で朝、9時過ぎです。ちなみにイスタンブールからローマへのフライトは満席状態だったのです。早速、入国審査のカウンターに向かいます。

そこでイタリアでは見たこともない光景を目にしたのです。自分はEU域外からですので、そちらの方に進みます。入国審査を待っている人が誰もいないのです。ほぼ自分以外はいないという状況です。飛行機から降りた後、一切のコロナの検問等はなく、一直線に入国審査のカウンターに行く手順です。

すぐにカウンターに行き、まずは係官にパスポートを提示します。こんなご時世によく来たな、といった感じで非常に笑顔で何一つ質問をすることなく、スタンプを押してくれたのです。コロナに関する証明書の提示や質問も一切なしです。

(上の写真は荷物受け取りあとのロビーの様子、信じられない光景です)

羽田のカウンターで強く言われたイタリア入国に関するweb入力した情報の件も全く問われなかったのです。

これは2021年10月のイタリア入国に関しての自分の実体験です。フライトで求められたいろいろな書類はどうしたんだろうかという感じです。

今までの外国入国で一番早く、イージーに入国できたのでした。もちろん、隔離等も全くなし。

まあ、こんな感じです。だけど、機内も空港もマスク度100%ですが、ローマ市内に行くと光景が一変するんだな、これが。もうコロナ前の普通の生活ですね。

イタリア、恐るべし。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメント

  1. こり より:

    記事拝読させていただきました。

    少しお伺いしたい点がございまして、お時間がある時で構いませんので、少し目を通していただけると幸いです。

    この度私もターキッシュエアラインズでイスタンブール経由でカターニア(シチリア)に向かう予定です(10型半ば)
    某旅行会社HPにて、イタリア行きは経由においてもトルコで乗り継ぎをすると、その後イタリアにて隔離ありという記事を読みました。
    今回、そのような場面はなさそうですが、こちらについて何かご存知でしょうか?

    大使館が休みでまだ問い合わせできておらず、キャンセルすべきか迷っております。
    お手数をおかけしますが、ご教示いただけると幸いです。よろしくお願い致します。

    • 管理人はだかず より:

      現在、イタリア滞在中ですが、イスタンブールはトランジットするだけだと思いますが、それなら全く問題なくイタリアでの隔離などなく、入国できるはずです。
      トルコに一旦入国すると、やっかいなことになると思います。羽田のカウンターでも間違ってもトルコに入国するな、トランジットだけと念を押されました。
      ブログにも書きましたように、機内等で書類はいくつか書かされます。
      ローマでも思いましたが、現在、アジア系の旅行者は皆無です。イタリアでも、公的な場所(乗り物)はみんなマスクをしています。不思議ですが。
      シチリアは少しゆるんでいると思いますが、良い旅を。

      • こり より:

        早速お返事いただきありがとうございます。
        トランジットだけでも隔離があるかと思い不安になっていたため、大変参考になりました。
        ありがとうございます。
        管理人様もよい旅をお過ごしください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。