これが究極の家二郎だと確信した。桔梗庵さんのセットを知らないと人生の損失。ニンニク入れますか?

半年も二郎ラーメンを食べないと、禁断症状がでてきます。自分だけか。

それだけ中毒性がある、体には悪い食べ物なんだな。ラーメンというより、二郎という食べ物なんだな。

その禁断症状が出てきたところで、楽天恒例のお買い物マラソンが先日始まっていたのです。

1ショップの実績をつくるためにも、ここは楽天に出店している「老舗の匠 製麺所 桔梗庵」の出番です。3人前で2,160円の品をポチリです。

気を付けないといけないのは、こちらの桔梗庵のこのセットは1人前で2人前の量なのです。3食入りということは6人分のボリュームです。

そして、品物が届くのは1週間以上はかかるので、すぐに食べたくなってもダメということになります。

そして、この3連休で実食です。

お肉だけは前日から仕込みます。

お肉は近くのハナマサで調達です。今日は、皮つきの豚バラ肉の塊を購入です。家庭でチャーシューを作るとどうしても固くなるので、皮つきの豚バラ肉が良いと思った次第です。

二郎のチャーシューを作るには、肉を縛るお料理糸が必須ですね。三田のラーメン二郎本店でも親父さんがチャーシューを糸で縛っていますね。

そして、今日の工夫は、ネギを買うをの忘れたため、豚バラ肉をゆでる野菜は冷蔵庫にある香菜の茎の部分を投入です。これで、約1時間弱、ゆでることに。

それから荒熱をとって、しょうゆ・お酒・みりん・砂糖をひと煮たちさせて、ゆでた豚バラ肉を絡めます。今回は、冷蔵庫ではなく室温の状態で置いておきました。

なんとなく、冷蔵庫に入れると肉が固くなりそうな気がしてです。

そして、翌日のお昼に実食です。

キャベツともやしを調理の前に少し炒めて、野菜増し増しにするための準備が必要です。

こちらの桔梗庵の麺は、麺をゆでるのに10分以上必要です。

具材、つゆを準備して完璧な態勢で麺がゆであがるのを待ちます。

麺がゆであがれば、盛り付けタイムです。

お肉の見栄えは本物の二郎風とは言えませんが、こんなに簡単に家二郎ができる桔梗庵さんに大感謝です。

今回の渾身の家二郎、家族にも大好評でした。やっぱり家二郎のチャーシューはたっぷりと盛らないと雰囲気が出ません。

あまりに興奮しすきで、ニンニクを投入するのを忘れたのは、ご愛敬です。

だけど、ニンニクを入れなくても、家二郎のクオリティとしてはすばらしいと思います。

簡単でうまい、家二郎は桔梗庵さんで決まりですね。

最近は、セブンイレブンでも二郎風ラーメンを販売する時代ですが、自分の実食感では、桔梗庵さんの方の圧勝という感じかな。

家二郎がこんなにお手軽にできる時代になりました。すごい時代ですね。

最後に、二郎さんに敬意を表して、ラーメン二郎三田本店「社訓」を。

  1. 清く正しく美しく、散歩に読書にニコニコ貯金、週末は釣り、ゴルフ、写経
  2. 世のため人のため社会のため
  3. Love & Peace & Togetherness
  4. ごめんなさい、ひとこと言えるその勇気
  5. 味の乱れは心の乱れ、心の乱れは家庭の乱れ、家庭の乱れは社会の乱れ、社会の乱れは国の乱れ、国の乱れは宇宙の乱れ
  6. ニンニク入れますか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。