英国王室御用達のステーショナリーメーカーの「スマイソン」が公式オンラインショップで50%オフの大セールを展開中、驚いたな

イギリスの超有名なステーショナリーメーカーと言えばBond Streetに本店を構える「スマイソン」があります。

自分もロンドにに旅行にいった際は必ず立ち寄るお店なのです。

ファーストクラスのステーショナリー と呼ばれる「スマイソン」です。

英国王室御用達の証、エリザベス女王、エディンバラ公、チャールズ皇太子と3つの全てのロイヤルワラントを持つ「スマイソン」は、1887 年にフランク・スマイソンによって創業し、英国ロンドンのニューボンドストリート開いたお店から始まりました。
ロイヤルファミリーをはじめ、グレース・ケリーやグイネス・パウトロウなど多くの著名人が愛用しているノートや手帳といったステーショナリーをはじめ、ライフスタイル(旅)をテーマにしたバッグやレザーグッズを展開
歴史や伝統に基づく信頼感もさることながら、モダンなデザインでタイムレスなコレクションは世界中で人気を博しています。

そして、英国王室御用達の証「ロイヤルワラント」とはこんな感じで大変貴重なものなのです。

ロイヤルワラント」とは、英国王室による認定証明書のことです。英国王室御用達の認定として英国王室のメンバーより無償で供給されますが、その売買は固く禁じられている世界最大規模を誇る英国王室独自の制度として知られています。

「ロイヤルワラント」を授与されるのは、純粋に商業、あるいはそれに関わるサービスにされ、銀行などの金融機関、弁護士、会計士、政府機構やメディア、エンターテイメントや休息のための商業施設等は「ロイヤルワラント」として認定されることはなく、宿泊施設であるホテルや飲食施設であるレストランは対象外です。

「ロイヤルワラント」を授与できる資格のある者は、グラントーと呼ばれ、現在のグラントーは、エリザベス女王、エディンバラ公、チャールズ皇太子の 3 人の王室メンバーとなっています。

現在、エリザベス女王は約 700 店、エディンバラ公は約 40 店、チャールズ皇太子は約170店に自身の「ロイヤルワラント」の認可を与えています。

スマイソンの手帳やノートを開くと 3 つの「ロイヤルワラント」がプリントされています。

左からエリザベス女王、エディンバラ公、チャールズ皇太子です。

スマイソンように現在最多である 3 つの「ロイヤルワラント」保持するのは、スマイソンを含めて 7 つの企業または個人のみです。

そんなスマイソンなのですが、新型コロナウィルスで観光客が激減した影響なのでしょうか、スマイソンの公式オンラインサイトで50%オフの大セールを展開していることを偶然知ったのです。

人気のカラーのグッズなどは定価販売や割引率が低いものもありますが、多くの商品が50%引きになっているのには驚いた次第です。

そして、割引販売をほとんどしないスマイソン購入に急遽参戦したのでした。

そして、こちらの公式サイトは日本語版も普通にあり、日本から商品が発送されるようなイメージですが、実際はロンドンから発送されるようです。

4万円以上を購入すると送料は無料になります。

自分は以下の3点を購入した次第です。

  • Panama ライフスタイルロール
  • Mara カードケース
  • Mara ラゲージタグ

3点合計で43,400円なりです。配送は2-4 営業日で届くとのことです。

このスマイソンを日本で取り扱っているセレクトショップは「ヴァルカナイズ・ロンドン」ですね。青山、銀座、心斎橋などにお店があります。こちらでは、当然、定価販売で欲しいなと思いながら、ただ見るだけでなのです。

革製品は本当に高いです。そして、あまりブランド品のようにぎらつき感がなくて、大変品があり優雅な製品が多いです。

だけど、スマイソンのこんな大セール、平時であれば絶対ありえないと断言できます。キッパリ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。