力の源ホールディングスから一風堂で10%割引の優待カードが届く。また、半年、一風堂のラーメンを食べさせてもらいます

(株)力の源ホールディングス(証券コード: 3561)と言えば、博多ラーメン店の「一風堂」を展開している会社です。

その他のブランドでは、焦がしラーメンでスープが黒い「五行」や、アメリカンチャイニーズレストランの「Panda Express」なども展開していますが、圧倒的に「一風堂」の一枚看板のラーメンチェーンです。

そして、2020年6月の株価は740円程度です。

そんな力の源ホールディングスより、半年ごとに送ってくる株主優待がこの時期届いたのでした。これが届くと、また半年、一風堂のラーメンを食べないといけないのかと、思ってしまう自分がいるのです。

この優待、「一風堂」他のラーメンが優待カードを提示するだけで10%~20%割引されるという実利のある優待なのです。

優待の内容はこんな内容です。

〈割引カード〉

  • 100株以上 10%割引カード(20%割引)
  • 1,000株以上 15%割引カード(20%割引)
  • 3,000株以上 20%割引カード

そして、毎月末尾に1のつく日、1日、11日、21日、31日は、10%及び15%割引カードも一律20%割引するという太っ腹なキャンペーンが展開されます。

〈ご賞味券〉

  • 100株以上 1年以上継続保有* 1枚
  • 1,000株以上 3枚
  • 3,000株以上 5枚

こちらのご賞味券は、「白丸元味」もしくは「赤丸新味」(メニューにない場合は同等額の商品)1杯を、1回無料にてご提供するというものです。 同伴者がいらっしゃる場合のみ1枚につき2杯を無料提供されます。

3月末日及び9月末日の株主名簿に100株以上の保有を同一株主番号で連続して3回以上記録または記載されている株主が対象です。

なお、証券会社の貸株サービスを利用するなどして株主番号が変更になった場合や直近3回の基準日における保有株式数が1度でも100株を下回った場合などは対象外。

そして、自分のこちらの株式の買値は1,300円台なのです。

最初は優待目的に購入した株式なので、値下がりなどは関係ないはずなのですが、自分が購入して以来、買値を上回るどころか右肩下がりなのです。

いくらラーメン好きでも、毎日、一風堂のラーメンを食べると体を壊しそうです。

そして、博多ラーメンで競合するチェーン店としては、仕切りで有名な「一蘭」があります。

博多ラーメンというフィールドで比較した場合、自分の好みは「一蘭」なんだな。

スープと麺は一蘭の方がうまいと思います。ただ、一蘭はチャーシューはダメだと思いますが。

まあ、届いたからにはしょうがない。また半年、一風堂のラーメンを食べさせてもらいます。

と言いながら、ご賞味券ですが、早速この土曜日のランチに2名で利用したのでした。

突撃したのは、「一風堂 六本木店」です。まずは、餃子とビールを注文します。これは別途、お金を支払うことになります。

ラーメンはあっさり味の白丸を注文します。やはり、ただ飯はうまさが違いますね。

白丸2杯分はご賞味券で無料になりました。

ご馳走様でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。