J-REITの「タカラレーベン不動産投資法人」(3492)にはヤマダ電機のお買物券の優待が付いているとは、REITにしては珍しや

自分が保有しているREITの一角に「タカラレーベン不動産投資法人」(3492)というものがあります。

このREITを取得した経緯はコロナ禍で2020年の3月中旬にJ-REITが急落した際に割安と思い拾わせていただいた銘柄なのです。

そして、年2回の決算期が2月と8月ですので、今回、8月期の分配金を初めていただいたのです。

  • 株価 89,500円(2020年11月27日現在)
  • 分配金
    • 2020年8月期実績 3,029円
    • 2021年2月期予想 3,000円
  • 分配利回り 6.7%

という銘柄なのです。そして、名前のとおり、マンション・デベロッパーとして知られるタカラレーベンをメイン・スポンサーとするJ-REITです。保有しているポートフォリオ構築はいわゆる総合型です。

オフィス、住宅、ホテル、商業施設などを全国各地にまんべんなく持っています。だけど、比較時オフィスが多い構成です。

そして、コロナ禍では気になるこのREITに組み入れているホテルは下記の4つになります。

  • ドーミーイン松山
  • ホテルサンシャイン宇都宮
  • ドーミーイン盛岡
  • アリエッタホテル名古屋

ホテルが4つであれば、あまり気になるポートフォリオではないかと思います。

そして、何故、この「タカラレーベン不動産投資法人」をここで取り上げたかを説明します。今回届いた第5期の資産運用報告書を見てみると、この銘柄にはREITにはめずらしく株式優待が付いているのです。

  • [対象] 10口以上を保有する投資主
  • [基準日]2月末日・8月末日
  • [優待] ヤマダホールディングスの合計2,500円相当の買い物券(500円相当×5枚)

確かに、REITのポーフォリオの中には、ヤマダ電機の店舗が含まれています。そんな関係でこの優待が付いているのでしょうか。

確かに、REITの中ではヘルスケア系の銘柄には、施設利用の際の割引を株主優待として付帯しているREITもありますが、買い物券を優待としているREITは珍しいと思った次第です。

だけど、このヤマダホールディングスの買い物券は少し使い勝手が悪いのです。購入金額の半分までしか使えないのです。

自分はまだ10口の株主ではありませんが、もしまた、急落する局面があるのであれば、10口まで買い増ししてもよいかなと思った次第です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。