新しい「Kyash Card」を早速申し込み。クレカを紐づけして決済すればプラス1%還元。海外の実店舗でも使え、普通のクレカになった

先日、Kyashというサービスを展開している会社より、「新しいKyash Cardのお申し込みを開始いたしましたので、お知らせいたします」というEメールが届いたのでした。

このKyashというサービスですが、簡単に言うと、このKyash VISAカードにクレジットカードを紐づけして決済すれば、決済したKyash VISAカードに100円につき1ポイント(1円と同等)貯まるというサービスです。

もちろん、紐づけしたクレジットカードのポイントも普通の決済と同様にたまるというものです。要はKyash VISAカードで決済した方が1%必ずお得になりますよ、というサービスですね。

そして、自分は専らこの Kyash VISAカードに自分のメインカードであるANA VISAプラチナ プレミアムカードを紐づけして利用していたのでした。

これで、最大2.8%の還元を受けられることが最大のメリットです。

そんなkyashサービスですが、以前のカードは「Kyash Card Lite」という名称に変わり、サービス内容もダウングレードになり、今回、新しく「Kyash Card」が発行されることになりました。

今回の新しいKyash Cardのポイントは、

  • 海外でも実店舗で利用可能となった(カードとしてあたりまえになった)
  • 1回あたりの決済上限 30万円
  • 月あたりの決済上限 100万円

はこんなところかな。1回と月あたりの決済上限が引き上げられたので、これで普通に使えるクレジットカードになったというところです。

ポイント還元率は1%と変更ありませんが、そのかわり、従来カードの「Kyash Card Lite」は還元率が0.5%に下げられたのでした。

そして、今回、この新しい「Kyash Card」を申し込んでみたのでした。

申込方法は、スマホアプリを最新バージョン(6.0.0)へアップデートし、ウォレットタブまたはアカウントタブより申し込むことになります。

まずは、このカード、年会費は無料なのですが、発行手数料として900円が必要となります。

発行手続きには、即時に手数料として900円が必要となりますので、事前にKyash残高のチャージを900円以上の残高が必要です。

この発行手続き完了と同時に手数料が差し引かれるオペレーションは素直に関心しました。

そして、カードの色は3色(ネイビー・ピンク・シルバー)から選べます。

自分は一番オーソドックスなネイビーを選んだ次第です。

本人確認書類などもアップロードして、発行手続きにかかる時間は5分程度でしょうか。

スマホの手続きだけで発行手続きは完了します。

Kyash CardのGoogle Pay対応は3月下旬頃を予定しています。

だけど、この以前のこのカードを利用していて感じたのは、決済できないお店がたまにあるところと、最終的には紐づけしているクレジットカードとの連携も必要なので決済の際、少しもたもたするところです。

そこのところが解消していれば、十分使えるクレジットカードです。

だけど、今一、Kyashカードが1%付与してくれるビジネスモデルが成り立つのか、今一わからないところが少し心配なところかな。

競争が激化している決済サービスですが、生き残って欲しいな。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。