日本茶にフレーバーをのせたフレーバー茶。「黒糖」「焼きいも」「レモン」は焼酎のお湯割りに合うのかな?

先日届いたJALカードの会員誌の「アゴラ」の中で気になる記事を発見した。

「われら地球人」ステファン・ダントンさん 茶商「おちゃらか」代表

日本茶にのめりこんでいったフランス人がいるという。日本茶を世界共通のドリンクにしたいという思いから、日本茶にフレーバーをのせフレーバー茶として世界に販売するというもの

この記事の何が琴線に触れたかと言うと、ほうじ茶(黒糖)×焼酎割りが黒糖のコクで焼酎の深みが増し、ジャスミンの花びらが清々しい香り付けがされるという、説明文。

当方、以前、糖質制限をやりはじめて以来、晩酌はワインから芋焼酎のお湯割りに切り替えた。いつもは焼酎をお湯で割っているが、このフレーバー茶で割れば、さらにおいしさが増すのではないかと妄想した。

日本橋のショップに急行した。場所は東京メトロ「三越前」A6出口のすぐ横。

Coredo室町のB1にお店を構えていらっしゃいました。店員の方に焼酎のお湯割りと合うお薦めのフレーバー茶を訪ねたところ、下記の3つを薦めてくれた。

  • ほうじ茶(黒糖)→記事で取り上げられたもの
  • ほうじ茶(焼きいも)
  • レモン

今回は初めての購入ということで、一番小さいポーションで買ってみた。

ほうじ茶2種は30g、レモンは40g。値段は、940円程度。

お店では、店先に置かれているでかい缶からお茶を豪快にすくい出し、香りを嗅がせてもらえます。一目、種類は40~50種はある感じ。

「黒糖」は当然甘い香りがしますが、「焼きいも」も強烈な甘みのフレーバーが漂います。芋焼酎を芋フレーバーのお茶で割れば当然合うのではないかと邪推し、購入決定。

レモンは、そのものずばりレモンフレーバーですが、焼酎をかぼすなどの柑橘類で割ってもおいしいので、このレモンも合うのではないかと思い、今日は3種類をチョイスしてみました。

当然、おちゃらかオンラインでも展開されており、販売されています。

それと、まあ、おまけにこちらでお薦めのポットも購入。中の茶こしの目が細かいから良いですよ、と説明を受けました。

ちょっと、茶器類の形状も含め、Kusumi Teaの日本茶バージョンかなと思いました。

この4点合計で、6,977円でした。また、散財してしまいました。

まあ、これで家飲みの焼酎がおいしくなれば安いものか。このフレーバー茶、リピできるものが楽しみになってきました。実飲みの報告は、またさせていただきます。



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。