修行の旅で食べた宇部クラウンプラザホテル近くの宇部ラーメン「三平」はもう少し麺かただったらナイス

IHGのスパイアエリート(Spire Elite)になるための最後の修行宿泊の地、広島から宇部に移動しました。

移動は、広島バスセンターからJR防府駅までは、高速バスで移動。

そこからJR線に乗り換えて、新山口駅で宇部線に乗り換えて、宇部新川駅で下車。

今夜の宿は、「宇部クラウンプラザホテル」です。宇部新川駅からホテルまでは徒歩で5-6分というところです。その間の道のりで偶然に見つけたラーメン店。

「宇部ラーメン」という名前に惹かれて入った「中華そば 三平」。(宇部市松島町17-6)

宇部ラーメンというものがあるのは初めて知った。

入ると、おばあちゃんと息子夫婦かな、の3名でお店を切り盛りしていた。

厨房はすごい湯気が立っていたのが印象的。

時刻は午後3時半過ぎ。あとはホテルにチェックインするだけなので、ビールを1本注文。だけど、ここで不思議な対応をされた。ビール頼むの、という感じ。宇部では、昼間から大人がアルコールをのんだらいけないのかなと思った次第。

少しビールを飲みながら、店内を見渡すと、営業時間は午前11時から4時までの張り紙が。

もう店じまい間近かでビールを頼んだので、このお客、大丈夫かなという対応をされたんだなと納得。ビールでよい気分になったのち、どのラーメンにするか迷った。

もうこのお店に来ることもないだろうと思い、大盛りチャーシューラーメンを頼んでみた。

このお店が宇部ラーメンの代表的な味がどうかはわからないが、味は「桂花ラーメン」のスープからにんにくを抜いたような感じ。要はとんこつスープベースで少ししょっぱい感じの味

メールはつるつるのストレートのやや細麺タイプ。ただし、麺が少しやわらかく茹でてある。アルデンテな麺ではない。もう少し、固めの茹で加減が自分は好み。

しかし、チャーシューはおいしいです。薄切りのチャーシューが十数枚乗っています。さすが、大盛チャーシューです。

この味なら激戦地の東京に進出しても十分やっていけるラーメンと評価します

だけど、東京の人はやっぱり固めの麺を好むと思う。まあ、この麺のやわらかさが宇部ラーメンの売り物なのだろうと思う。地元の人はこれでないとだめなのだろう。

それにしても、偶然、飛込で入ったお店「三平」は大当たりのお店でした。こんな感じのラーメンは初めての体験でした。

お店の外観もひなびた感じがよいですね。

チェーン店ではこうはいきません。

ご馳走様でした。おばあちゃん、お元気で。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。