コルカタの「アルサラン」のビニヤリはジャガイモ入りで絶品ソウルフード。ただ、インド人の食いっぷりが半端ないぞ

インドと言えば、ビニヤリです。ビニヤリとは、「日本ビニヤリ協会オフィシャルサイト」からの引用によれば、

ビリヤニとは、インドやその周辺国で食べられているスパイスとお肉の炊き込みご飯です。またパエリア、松茸ご飯と並び世界三大炊き込みご飯の1つと称されています。

インドのおいてビリヤニは、イスラム教徒の結婚式でお祝いの食事とされているだけではなく、屋台で日常的に食べることもでき、まさに国民食として幅広く愛されています。

そして、同サイトのビニヤリの定義とは、

日本ビリヤニ協会は下記の条件を満たしたものをビリヤニと認めています。

・インドの高級米「バスマティ」を使用していること。

・フライパンで炒めておらず、「パッキ、カッチ、生米(ヒンドゥー式)」のいずれかの作り方を用いていること。

・2種類以上のスパイスを使用していること。

・イスラム教の教えにのっとり、お肉を使用する場合は「豚肉」以外であること。

そして、今回のコルカタの旅では、早速、ビニヤリで有名なアルサラン(ARSALAN)の本店に突撃しました。住所:(191 Park St., kolkata)営業時間 10:30~翌1:00

ちなみに、地球の歩き方には、このお店下記のような紹介文があります。

コルカタのビルヤーニーなら、アルサラン。

ジャガイモが入っているのが特徴的なコルカタ・ビルヤーニーの名店。いくつか支店があるが、ぜひ本店のこの店を訪れたい。おすすめは、マトン・ビルヤーニー 260インドルピー。ジャガイモはホクホクで、肉は柔らか。量が多いのでシェアするのがよさそう。

お昼のピークも終わった14時過ぎに現地のお店に行ってみると、入口付近は大混雑です。10人以上の人が入店を待って並んでいます。ただ、後で気づいたのですが、右側に2階に行く階段があります。あとで、確認するとエアコンの効いた部屋だそうです。こちらには、行列なし。少しお高いのかな。

そして、1階の出入口付近はUber Eatesなどのデリバリーサービスの商品受け渡し場所でもあり、Uberドライバーも交わりかなりの混雑ぶりです。我々2名はエアコンの効いた部屋に気づかず、現地の人たちと1階の食堂の方に並びました。そうすると、お店の入り口の仕切りやのおじさんに何名かと聞かれ、2名と答えると、すぐにこっちにこいと言われ、一番奥のテーブルをあてがわれました。

但し、相席です。このお店では、相席もしなければならないようでした。

周りを見渡すと、みんなすごい量の日のビニヤリを食べています。

我々が注文したものは、

  • マトン・ビルヤーニー →これ、絶品でした
  • Muton Tikka Butter Masala →これ、おいしいが、味が濃すぎ

ビニヤリには、マトンの肉が骨付きでごろりと入っています。そして、お肉はライスの中に埋もれています。名物のジャガイモも入っています。お米の量は多いです。だけど、周りの人たちは女性でも、この大皿に大盛のビニヤリを軽く食しています。

どおりで、インド人は太っている人が多いのかな。

この「アルサラン」はコルカタの市内にも支店はたくさんあるようですが、本店をお勧めします。インドの現地の方と食するビニヤリの食堂もアウェー感があってよいです。だけど、本当にインド人、よく食べます

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。