ファーバーカステル ノートパッドはお高いメモ帳、確かにロディアよりは高級感があるが?

先日、小さい携行用のメモ帳がほしくなり、偶然に見つけてしまったファーバーカステルのイタリアンカーフのメモ帳。我慢しきれずに、並行輸入品をポチしてしまった。

取り寄せらしく、到着するまで2ケ月程度かかった。

サイズは、110mm X 76mm 16mm。簡単に言うと、ロディアのNo12程度の大きさ。

ちなみに、正規店での希望小売価格は18,000円(税別)

並行輸入品であれば、楽天市場などで3割引程度で購入可能。

今までは、メモ帳としてロディアNo.12と別に見つけた革のカバーの組み合わせで使っていた。参考までにこの手帳の組み合わせでは、カランダッシュのボールペンがぴったり合う。

話は戻って、ファーバーカステルの文具のファンとしては、この手帳を見つければ買わないわけにはいかない。また、リフィルの手帳は比較的リーズナブな値段なので(600円ぐらい/冊)、購入を後押しした。

このノートパッドに合わせるペンは自宅にあるもので間に合うだろうと楽観視していた。

ところが、ところが。軸受けが狭くてどれも合うモノがない。あせった。

実はまた見つけてしまった。このノートパッド専用のファーバーカステル ポケットペンというものがあることが判明。既に、ノートパッドを購入している当方としては、しかたなく、今回の楽天祭りでポケットペンの方もポチった。

ちなみにお値段は、楽天で12,460円。

こうなると、ロディアのメモ帳は脇にどいてもらって、ファーバーカステルのノートパッドを使いたおすしか道はなくなった次第。

今まで、このメモ帳を使っている人は見たことがないので、希少性はあると思う。

メモ帳にしては高かったが、一生ものと考えれば満足度は高い。(そう思わざるをえない)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。