デルタ航空のスカイマイル利用でのスカイマーク便予約、「オンライン予約申請フォーム」が本当に見つけづらいな。困った

今年の夏の南米旅行でアエロメヒコ航空を利用しました。その際の搭乗マイルはスカイチームの雄のデルタ航空のスカイマイルに積算することにした次第です。

その時に貯まったマイルが、42,442マイルです。

ルートは行きが成田→メキシコシティ経由→ペルーのリマ、帰りはブエノスアイレス→メキシコシティ経由→成田です。さすがに、南米は一撃でたくさんマイルが貯まります。

このマイルがJALマイルかANAマイルに積算されたら何とうれしいことかとは思いますが、しかたないですね。

そして、本題のデルタ航空のスカイマイルです。

当然、スカイチームに入っているエアラインでは特典航空券をとることはできますが、日本の国内線で利用するには少々苦労します。

唯一、スカイマーク便でスカイマイルを利用して特典航空券を取ることができます。

但し、デルタスカイマイル提携クレジットカード本会員またはメダリオン会員の方のみ、スカイマイル特典旅行として、スカイマークの日本国内線を利用できるのです。

すなわち、該当クレカもしくはデルタ航空でのステイタスのメダリオン会員に該当しないとスカイマーク便も利用できません。

メダリオン会員の一番下のランクはシルバー メダリオンです。このシルバー資格を取るには、下記に該当しないといけません。

25,000MQM または 30MQS が必要となります。

  • MQMは飛行距離および運賃クラスに応じて獲得できるもの
  • MQSはフライトのご利用回数に応じて獲得できるもの

まあ、一番簡単なのはデルタのクレジットカードを作ることが一番容易かとは思います。

そして、東京の羽田を起点とすると、下記のルートで必要マイル数が違いますね

区間 必要マイル数(往復)
羽田-神戸 15,000マイル
羽田-福岡

羽田-長崎

羽田-鹿児島

羽田-那覇

羽田-新千歳

20,000マイル

JALやANAでは、日本在住のマイルを使った特典航空券の利用者は、「会員本人、会員の配偶者・同性パートナーおよび2親等以内の家族」に限られます。

しかし、デルタスカイマイルを使ったスカイマーク特典航空券の場合、そのような制限は一切ありません。誰の名義でも予約できるところは大きなメリットです。

だけど、自分がデルタのHPでスカイマーク便を予約しようと思うと、オンライン予約申請フォーム」のみでの受付と書いてありますが、この予約申請フォームにどのようにたどり着けばよいか本当に苦労しました。

そのオンライン予約申請フォームはこちらからどうぞ。

予約申請フォームには、第一希望から第三希望まで記入できます。

但し、オンラインでの特典枠が残っているかどうかは判りませんので、使いづらいです。

そして取れたかどうかの可否は、72時間以内にメールで回答されるとのことです。

また、以下のような制約もあります。

  • 予約できる期間は、出発日の60日前から14日前までです。
  • 片道でも予約できますが、往復と同じマイル数が必要です。
  • ブラックアウト期間の設定もあります。
  • 予約完了後の日付・便の変更はできません
  • キャンセルしても、マイルは戻ってきません。

このブログを書きながら思ったのは、もしかしてスカイマークの会員になり、特典航空券の有無をスカイマークのHPで確認して、申し込めばより精度高く、特典航空券の予約ができるかと思った次第です。

と思って調べましたら、スカイマークには会員とかマイルを貯めるという概念はないので、直接、特典航空券の可否を調べる手段はありませんね。

デルタ航空のスカイマイルで国内線を使いたいときのもう一つの手段が、「デルタスカイマイルはJTB国内旅行クーポン」に交換することです。年間一人30,000マイル=30,000円分のクーポンで利用する方法もありますね。但し、このクーポンの利用期限は発行されてから、半年以内ですので注意が必要です。

とにかくデルタ航空のスカイマイルを国内線で利用するのは結構ハードルが高いですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。