新型コロナウィルス騒動で旅行の計画をたてている場合ではないが、GWのバリ島のインターコンチがまだウィルス前と比べて10ドル安程度

世の中は新型コロナウィルスの影響でみんな、戦々恐々としている昨今です。

誰しも思うのは、今は旅行の計画を立てるどころではないということです。これだけははっきりしています。

そして、自分の次の旅行は5月のGWにインドネシアのバリ島にエアラインのチケットとキャンセル可能な料金プランでホテルを予約している段階です。

GWにはこの新型コロナウィルスの騒動はどうなっているのでしょうか。無事、旅行にいけるのでしょうか?

この時期までに旅行にもいけないようでは、オリンピックにも黄色信号がつきますね。

そんな騒がしい昨今なので、もう一度、バリ島の自分の予約したホテルの料金をチェックしてみた次第です。

インターコンチネンタル・バリを5月4日チェックインで比較してみました。

コロナウィルス騒動が起こるずいぶん前の約2ケ月前の料金です。現在、こちらで予約中なのですが、Twin Bed Roomで部屋代は USD 171ドル(税金・サービス料別)でした。

そして、コロナウィルス騒動が真っただ中の2020年2月13日現在は、同じ部屋が USD161.50ドルになっています。

現在は何もセールを行っていない時なので、この10ドル安の料金はおそらく新型コロナウイルスによる需要減退による値引きなのかなと思った次第です。

当然、すぐに予約をキャンセルして再予約した次第です。

おそらく今回のバリ島旅行は直前までキャンセル可能な予約にしていると思います。もしかして、事前購入はしないと思います。

また、IHGでは現在下記のキャンペーンを行っています。

  • 最大4倍のボーナスポイント獲得のチャンス
    • 2月15日~5月15日の滞在が対象
    • 1泊で1000ボーナスポイント
    • 2泊-5泊で2倍のボーナスポイント
    • 6泊-14泊で3倍のボーナスポイント
    • 15泊で4倍のボーナスポイント

こちらは、キャンペーン登録が必要となります。

それと、IHG Rewards Clubポイント購入で最大75%のボーナスポイントもらえるキャンペーンも行っています。購入は2020年2月27日までです。

最大75%のボーナスポイントがもらえるのは、20,000ポイントの購入からです。

20,000ポイント購入で、ボーナスポイントが15,000ポイント付いて合計35,000ポイントが230ドルです。1ポイント単価は、0.143円となります。(1ドル=110円換算)

だけど、このIHGのポイント購入は自分の所持ポイントが特典ホテル予約に少し不足する時に購入する以外、あまりお勧めできるものではないですね。

おそらくこのコロナウィルスの騒動が収まるまでは、ホテルにしてもエアラインチケットにしても相当弱含むはずですので、ここはクレジットカード決済の方がよいと思う今日この頃です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。