Warning: Use of undefined constant AIOSEO_VERSION - assumed 'AIOSEO_VERSION' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kazhada/kazuohada.com/public_html/wp-content/plugins/accelerated-mobile-pages/templates/features.php on line 3333
東京は赤坂のジンギスカンと言えば、松尾ジンギスカンもあるが、自分はやっぱり「しろくま」派なんだな

東京は赤坂のジンギスカンと言えば、松尾ジンギスカンもあるが、自分はやっぱり「しろくま」派なんだな

土曜の夜の夕食です。

気がつけば、もう少しではや11月です。だんだん朝夕は寒さも感じてきます。

そんな時に食べたいのが、やっぱりあのジンギスカンなのですね。

ラグビーはオールブラックスがイングランドに準決勝で負けるという大番狂わせを見届けて、ジンギスカンと言えば、もちろん「札幌ジンギスカン しろくま 赤坂店」に出かけました。

東京は赤坂界隈には、有名な「松尾ジンギスカン 赤坂店」もありますが、自分はしろくま派なのです。こっちの方がなんとなくお肉がおいしいんだな。

店の綺麗さでは、「松尾ジンギスカン」の方に分が上るかな。

そして、ぐるなびを経由しての予約をしてから、出かけた次第です。

ここ数年は、飛び込みで行っても満席で食べれない時も多々あるのでね。

そして、しろくまのジンギスカンのこだわりは下記のとおりです。

北海道の中でも白糠産の羊肉は、美味しいという一言では語りつくせないほどに味わい深く、口に入れた瞬間に旨みがいっぱいに広がります。
その白糠産の羊肉を生産している茶路めん羊牧場の羊肉をジンギスカンとして食べられるのは『しろくま』だけ!
羊1頭を、新鮮さを保つため一度も冷凍せずチルドで買い付けご提供しています。
その他こだわり抜いた輸入羊肉も3種類ご用意し、味のメリハリを楽しむことができます。(ハツ・タン・レバーが食べられる時もあります)

シロクマのこだわり8ケ条とは、

  1. 無冷凍(チルド)にこだわる
  2. 季節ごとの旬の野菜にこだわる
  3. 鍋にこだわる
  4. 塩にこだわる
  5. タレにこだわる
  6. お米にこだわる
  7. カレーにこだわる
  8. ビールにこだわる

「ビールにこだわる」とは、北海道限定のサッポロビール・サッポロクラシックを用意しているとのこと。(東京は缶のみのご提供、札幌はドラフト)

そして、19時に3名で伺いました。予想どおり、満席です。自分たちはキープされていた一番奥のカウンターです。

今日は初めから、飲み物は芋焼酎のお湯割りです。ラグビーを見ながら、ビールをぐいぐいとやった後遺症です。

つまみはキムチ。こちらのメニューにあるモンゴル料理のシュウパウロウ(羊の塩煮込み)500円も絶品ですね。

まず初めに、お肉の注文です。

オーストラリア産のラムとマトンを2人前づつです。

そして、焼きが始まります。

ちなみに、しろくまジンギスカン公認のおいしい食べ方の順序は以下のとおりとなります。

  1. 鍋の一番上に油を乗せます
  2. 野菜を鍋のまわりに敷き詰めます
  3. 肉を乗せて焼いていきます
  4. 肉の表面に水滴が浮かんできたら肉を裏返しにします
  5. 裏返して10秒程度が食べごろです
  6. たれ又は塩でお召し上がりください

お肉を焼き始めると、手がとまりません。4人前なんとあっという間に完食です。

今日はタレでいただきました。

そして、追加の注文です。ラムとマトンを食べ比べて、皆がやっぱりラムの方がうまいと言います。やはり一番人気はダテではないですね。

追加でラムを3人前注文です。東京でおいしいジンギスカンを食べれる幸せを感じます。

追加で出てきた3人前のお肉も、あっという間に完食です。皆、食欲はありますね。

これで、お腹一杯です。

これでお勘定はというと、9千数百円の良心的な代金でした。

決済は週末限定で2%分上乗せキャンペーンやっている「Kyashカード」を利用しての決済です。これで、決済でも5%弱の還元となり、おいしい食事もでき、決済でもほくほくの土曜日の夜となりました。

今年の冬は何回お邪魔することになるのでしょうか。しろくまさん。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。