みずほ証券からまたサービス改悪のお知らせ。みずほWalletの20%キャッシュバックでも改悪が続く印象悪しですね。

昨日、帰宅してみると、まだみずほからお知らせの葉書が届いていた。

送付元はみずほ証券からです。

開けてみると、また、サービス改悪のお知らせのようです。

「みずほ証券ポイントサービス」終了のお知らせです。

みずほ証券ポイントがたまるしくみは下記のとおりです。

  • 月間の株式取引等の委託手数料110円(税込み)ごとに1ポイント
  • 月間の国内・外国債券、投資信託、ファンドラップ等の買付金額10,000円ごとに1ポイント

そして、たまったポイントをグルメなどの「セレクト商品」に交換できるというサービスです。このポイントが、

  • ポイント付与が2020年2月28日受渡分までで終了
  • ポイント交換受付の最終日が2020年5月29日消印分まで

自分はみずほ証券をメインにしていないので、まったく影響は受けないのですが、最近のみずほフィナンシャルグループの改悪のペースが速いと感じます。

つい先日もみずほ銀行の「みずほマイレージクラブ」の無料振込回数制限などで大改悪を発表したばかりに続いての、今回のみずほ証券からのこのお知らせです。

あまりに改悪を続けていると、本当に個人客が離れていくと思うのは自分だけでしょうか。

どこのメガ銀行の支店に行っても同じなのでずか、行員が多すぎると思います。行内に立っている案内する人たちが本当に必要なのでしょうか、と疑問を持ちます。

これだけマイナス金利の状態が続くと、ますますメガバンクからのサービス改悪のお知らせが続くと思われます。

そんなみずほ銀行ですが、みずほWalletというサービスを始めています。

現在、どの事業者にも恒例になった20%キャッシュバックキャンペーンを展開しています。

カードや小銭でお財布がパンパン、そんなあなたにおススメのキャッシュレスサービス、
みずほWallet。ご利用開始はみずほ銀行口座の登録のみ。面倒なお申込も審査もありません。
今ならご利用金額の20%キャッシュバックでおトクに始められます。

  • 対象期間 2019年8月29日-2019年12月15日まで
  • キャッシュバックの対象となるSmart Debitのご利用金額上限は、対象期間中の累計50,000円(税込)です。最大10,000円のキャッシュバック
  • キャッシュバックは2020年3月下旬の予定です(振込明細名は「MIZUHO WALLET」)

このみずほWalletによる決済は、QUICPay+(クイックペイプラス)での利用ということになります。

まずはアプリをダウンロードして、エントリーが必須ですね。

メガバンクのウォレット決済で利用上限50,000円まで20%キャッシュバックはめずらしいですが、こんなサービスより普通のサービスを改悪することなく続けてほしいですね。

それが実感かな。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。