クスコからマチュピチュ観光に行くへの豪華列車。ベルモンド社の「ハイラム・ビンガム号」は初めて知ったぞ

昨年の夏、すなわち2019年の8月はペルーのマチュピチュに行ったのですが、既に世界は変わってしまい、遠い昔のことのようです。

そんなマチュピチュですが、先日届いたVISAの情報誌に特集が組まれていて、驚くべき情報が掲載されていたのでした。

その情報とは、クスコからマチュピチュ観光に行くのに、豪華列車があるとのことです。

私たちが行った時に利用したのが、ビスタドームシート(プレミアムクラス)の列車だったのです。乗客は外国の観光客で一杯だったのですが。

今回紹介されていた豪華列車は「ベルモンド・ハイラム・ビンガム」(Belmond Hiram Bingham)というものです。

概要はこんな感じです。

  • 料金 US$1,000(約10万円/変動料金)
  • 含まれるもの: 往路のランチ、復路のディナー、マチュピチュへのシャトルバス往復乗車券、マチュピチュ入場料、ベルモント サンクチュアリーロッジでのアフタヌーンティーを含む
  • 運行 月-土の1日1本
  • 問い合わせ ベルモンド・ジャパン(03-3265-1200)
  • 予約 ペルーレイル www.perurail.com

お値段は相当に高い料金です。家族で行くと、尋常な値段ではないです。キッパリ

記事を紹介します。

タイトルは、“豪奢な車両と行き届いたサービス「走る五つ星」で優雅にアプローチ”です。

世界各地で豪華列車を運行する、ベルモンド社の「ハイラム・ビンガム号」。

クスコ近郊のポロイ駅とマチュピチュ駅の間、約110キロメートルをおよそ3時間半で結ぶ。

“走る五つ星ホテル”と呼ばれる列車は5両編成。キッチン車と2両の食堂車、バー付きの展望車を、ディーゼル機関車が力強くけん引する。

通常の座席はなく、食堂車が乗客の指定席。

そこで往路にランチ、復路はディナーが供される。なお、飲食はインクルーシブとなる。

一息付いて、オープンテラスのある展望車へ向かった。伝統酒ピスコのカクテルを片手に聴くバンドの生演奏と、頬をなでる初夏の爽やかな風が心地よい。

(中略)

出発して1時間半。列車はウルバンバ川が流れる“聖なる谷”をひた走る。

歴代のインカ皇帝が王領を広げた場所で、現在は荒涼とした渓谷が広がる。

途中駅のオリャンタイタンボ駅を抜け、ランチコースが終わる頃、車窓の風景がまた変わった。川は雪解け水で濁流と化し、岩山は濃い緑色をまとっている。

標高2,400メートル前後のマチュピチュ周辺は、雲霧林気候で文字どおり雨と霧が多い。荒々しい岩肌にはコケとシダ、高山植物が茂り、緑の間からは朽ちたインカの遺跡が顔を出す。

木々と、いつしか出てきた霧が列車を包み込む。渓谷とは打って変わって、神秘的なムードのなか、列車はマチュピチュ駅に滑り込んだ。

乗車後、小さなマイクロバスに乗り換えて移動。遺跡の入り口まで、ヘアピンカーブの急坂が計13回約30分続く。

とはいえ、ここまで来ればもう天空の世界遺産は、目と鼻の先である。

確かに、マチュピチュ遺跡の入場入り口の唯一のホテル、ベルモント サンクチュアリーロッジという名前なのですが、そのベルモントという名前が付いている列車ということはペルーの大財閥かと思った次第です。

変わってしまった世界ですが、こんな旅もまたしたいな、と思った次第です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。