J-WAVEでまさかの寿司のデリバリーの紹介が。乃木坂の鮨處「かざま」で1人前3,500円。シャリが立っていたんだな、まさにシャリは命

それはGWの終わりの日、5月6日(水)の振替休日のことでした。

自宅で何気にJ-WAVEを聞いていると、広告でもないのに、誰かは忘れましたがその番組のパーソナリティを務めている人が、乃木坂にあるお寿司屋さんの「かざま」さんが3,500円でお寿司をデリバリーしており、注文時にJ-WAVEを聞いたと言ってくれればビールの小缶2つをプレゼントします、ということを話されたのでした。

おそらくですが、パーソナリティの方が贔屓にしているお店で、何気におしゃべりの中で紹介されたのだと思った次第です。

そして、このGWは恒例の土曜日の夕食以外は日常品の買い物のみで、夜も自宅で料理して食事をとっていたのでした。

そんな折の、この情報です。家族に聞くと、是非食べたいということに相成って、夕食にデリバリーしてもらうことにしたのでした。

お店は、鮨處「かざま」さんです。

  • 東京都港区南青山1丁目22−5
  • 電話:03-3401-4595
  • アクセス:乃木坂駅から130m

HPで確認すると、メニューはおまかせコースのみで、“かざまのおまかせ” ¥15,000〜からという高級店ですね。

自分は知らなかったお店なのです。

「鮨處 かざま」店主 風間裕二さんの言葉です。

やりすぎない。
仰々しくせず、控えめに。
そしてふたたび挑戦、
「鮨處かざま」の正直な味を。

お客様から「これできる?」と尋ねられたとき、
すぐに「できますよ」と応えたい。
おいしくては、当たり前。
ならば、この空間と時間を気持ちよくお過ごしいただけるよう、
精一杯、仕込みをして段取りをして、
でも、やりすぎず、仰々しくせず、控えめに

そして、正直にお客様へおもてなしを。
それが、「鮨處かざま」の姿です。

そして、鮨處「かざま」のこだわりです。

シャリにこだわる やはり、「寿司はシャリが一番難しい」

寿司は、魚はもちろん、シャリが大事。

米の一粒一粒が立って、ネタとバランスのとれたシャリが理想

「かざま」のシャリは、粘り気が少なく、 一粒一粒が立った庄内米、秋田米、 新潟米などの古米を毎年ブレンドしてつくりあげています。

さらに徹底しているのは、季節やその日の天候に合わせて、 米の配合を変えているのも、店主のこだわりのひとつ。

寿司職人にとっては、シャリはまさに命。 小さな一粒に、かざまの魂がつまっています。

そして、夕食時はあいにく東京は雷が鳴り土砂降りの雨です。

そんな中、お店の若い衆がにぎりを3つ届けてくれたのです。ビールとお吸い物も付いてきます。

にぎり8貫、巻物3貫という構成です。

にぎりは、

  • 中トロ
  • 赤身
  • ほたて
  • かつお
  • えび
  • かに
  • 白身
  • いくら

そして、家族全員がうなったのは、やはりシャリです。お米が本当に立っているんだな。その絶妙なバランスがよいですね。

にぎりでは、“かつお”と“えび”が納得のおいしさだったのです。かにも身が厚くて食べ応えあります。これで、デリバリーしてもらって3,500円(税別)は値段以上の価値のあるにぎりだったと思います。

デリバリーしてもらった若い衆に妻が聞いたところによると、J-WAVEを聞いて注文したのは我が家が第1号だったとのことでした。みんなラジオを聞いていないのかな。

そんな感じでGWの最後の夜は大満足のお寿司をいただき、ほっこりしたのでした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。