桂花ラーメンで“味濃いめ”というオーダーの仕方、ありなの? これ禁断の頼み方だろう

3月2日(火)の午前は3ケ月に1回は渋谷に行かないといけない、ヤボ用があるのです。そして、その用事が終わればお楽しみがあるのです。

11時に開店する「桂花ラーメン」に行けるのです。これ以上の楽しみはないんだな。

そして、本日も11時に訪問するのでした。

ちなみに桂花ラーメンは、昭和30年に熊本で創業されたラーメンですね。

洗練された「旨み」と、やみつきになる「香り」

栄養満点になるようにたっぷりの生キャベツととろける豚角煮「太肉」(ターロー)をのせて

みんながお腹いっぱい、元気いっぱい、「ご馳走様」、「美味しかった」と笑顔で帰って欲しい

それが、桂花の原点です。

そして、桂花ラーメンの一番の名物というか売れ筋は「太肉(ターロー)麺」です。こんな歴史があったようです。

創業以来のこだわりが詰まった“旨味と香り”がたまらない一杯

豚骨+赤鶏ガラのWスープ、コクがあって香り高いマー油、オリジナルブレンドの小麦を使った中太ストレート麺が基本。特に、たっぷりのキャベツと、とろける角煮豚(太肉)が乗った「太肉麺」は、約50年前の東京進出の際に作られて以来、看板メニューとして愛され続けている。

“桂花”とは金木犀の中国名。「金木犀の香りを探したように、ラーメンのいい匂いにつられて店に来て欲しい」「小さな花が集まって咲くようにみんなの笑顔を咲かせたい」という思いが込められているそう。

だけど、あまのじゃくの自分は桂花ラーメンでは、一番オーソドックスな桂花拉麺を注文するのです。太肉麺のキャベツの生っぽいところが嫌いなんだな。

桂花は桂花拉麺に限るが自分のポリシーです。(こんなことでポリシーを持ってもしょうがないか)

そして、今日の注文もぶれません。

  • 桂花拉麺+大盛 (780円+150円)
  • (トッピング)茎わかめは絶対の必需品(100円)

桂花拉麺は大盛も絶対です。何故なら、煮卵が丸々1個入ります。普通の桂花拉麺は煮卵が半分しか入りません。この差は大きいのです。食べたらわかります。

そして、待つこと2分です。桂花拉麺が運ばれてきました。

今日もおいしくいただけそうな美しい桂花拉麺です。最初に茎わかめを豪快にぶっかけます

スープを一飲み。やっぱりこの香りと少ししょっぱい濃厚スープです。旨しです。

中太のストレート麺は今日もしわしわです。麺もうまし。合間に茎わかめを食べれば、最高のマリアージュです。そして、約8分で完食です。今日も至福のひと時を過ごさせていただいたのです。

そして、その余韻に浸っている時に、新しく入店してきたお客さんが驚くべきオーダーをされたのです。

その驚くべきオーダーとは、“味濃いめ”にしてと発せられたのです。なに-、桂花ラーメンで味濃いめというオーダーの仕方は初めて聞いたのです。ただでさえ桂花ラーメンは味が濃いめのラーメンと思うのですが、更に濃いめとは。塩気が強すぎて、健康には悪いと思うな、キッパリ。

だけど、チョッピリ憧れる桂花ラーメンの味濃いめです。

そして、今日のおみやげは週末に楽しむ“おうち桂花”なのです。持ち帰り用の桂花ラーメンを5つと茎わかめ3つをお買い上げです。

今日もご馳走様でした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【桂花】桂花ラーメン1食入×1袋
価格:324円(税込、送料別) (2021/3/4時点)

楽天で購入

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【桂花・冷蔵】桂花特製太肉(ターロー)80g入×1袋
価格:519円(税込、送料別) (2021/3/4時点)

楽天で購入

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。