アメックスから中小店支援の30%キャッシュバックキャンペーンが始まる。目玉はセゾンや三菱UFJニコスのアメックスでも適用される

2020年7月3日(金)の日本経済新聞にアメックスのキャンペーンが記事になっているのに目が留まったのでした。

日経の記事になるくらいのキャンペーンは珍しいと素直に思ったのでした。

記事のタイトルは、「アメックス最大5000円還元~中小店利用で~」というものです。

カード大手の米アメリカン・エキスプレス(アメックス)は3日から、日本国内の中小店舗10万店でクレジットカード決済した代金について最大5千円を9月下旬までの期間限定で請求額から差し引く

新型コロナウイルスの感染拡大で売り上げが落ち込む中小の小売・飲食業を支援する。

アメックスのカードを利用した場合が対象。クレディセゾンと三菱UFJニコス、三越伊勢丹ホールディングス傘下のエムアイカードが発行するアメックスブランドのカードを利用しても対象になる。

還元策を利用するにはまず、ネット上でアメックスのキャンペーンに申し込む。そのうえで店舗でカード決済すると金額の3割を差し引く。

上限はカード1枚5千円だ。

キャッシュレス決済をめぐっては、6月末に決済額の最大5%を実質的に割り引くポイント還元制度がし終了した。

久しぶりにアメックスから大きなキャンペーンが発表されました。

カード1枚につき割引上限が5千円ということは、16,666円の利用金額で最大の5千円の割引が受けられることになります。

そして、このキャンペーンのおいしいところは、該当するアメックスのクレジットカードを所有している人はカードごとに最大5千円の割引が受けられるところです。

もちろん、カード毎にこのキャンペーンの登録が必要です。

そして、自分が保有するカードは下記の5枚なのです。

  • アメックス・グリーン
  • SPGアメックス
  • アメックス・Sky Traveler
  • セゾン・プラチナ・アメックス
  • セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス

上記5枚のカードについて、すべてキャンペーン登録可能でした。

アメックス・プロパー系の上3枚のカードはアメックスのマイアカウントにログインして、そのままキャンペーン登録をポチッとするだけで登録完了です。

セゾン系の下2枚はキャンペーン登録画面からそれぞれのカード番号を入力する登録方法でした。

5枚をすべて利用すれば約83,000円の利用について30%分の25,000円が実質的に請求から差し引かれることになります。

キャッシュバックはキャンペーン終了後90日以内にカード請求金額から減額されるということは、遅ければ12月ぐらいの請求金額に対して減額されるというイメージでしょうか。

そして、利用できるお店もチェックしてみましたが、飲食店だけでも膨大な店舗で利用できる印象です。

対象加盟店リストはこちらです。

そして、気をつけないといけない事項は下記のとおりです。

  • 事前登録期間/2020/07/03~2020/09/24
  • オンラインでの利用は対象外
  • 家族カードまたは追加カードを持っている場合は、カード毎に事前登録が必要
  • 対象加盟店がQUICKPAYなどの決済サービスを利用して決済した場合は対象外

10月からは政府主導のマイナポイント制度が始まりますので、その間のつなぎのキッシュバックキャンペーンには最高ですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。