“東京と云えば赤坂、 赤坂と云えば津つ井、津つ井と云えばにっぽんの洋食”をAMEXの30%キャッシュバックで食す

7月23日から始まる4連休の夕食です。昨日は銀座に遠征して、「ニュー  鳥ぎん」で焼き鳥と鳥釜めしを堪能したのでした。

そして、連休2日目のお昼はDVD鑑賞です。鑑賞した映画は2本、新作の「フォードvsフェラーリ」と「男はつらいよ おかえり 寅さん」です。

どちらもおもしろかったのですが、「男はつらいよ おかえり 寅さん」の方の女優の後藤久美子さんの変わり様には少し驚いたのでした。

人間、時が経つのを実感したんだな。それと、アマゾンのコメント欄でも指摘のあるように、外国生活が長いせいか、日本語の節回しに大きな違和感を感じたのでした。

山田洋次監督も88歳ということで、寅さんはこれが最後かな。

そして、映画の中で在りし日の笠智衆さんをお見掛けしたのでした。あいかわらず、自然体の好々爺のお姿には感服です。

その笠智衆さんの手書きの名刺を持っていらっしゃるのが、小山薫堂さんです。

自分が名刺交換した中で一番シンプルだけど、味のある名刺だったな。

そんなことを考えながら、4連休の2日目の夕食です。

今日はAMEXのあのキャンペーン、買い物がSMALLビジネスを応援するための“30%キャッシュバック”を利用する気満々だったのです。

事前登録のうえ、2020/09/24までにAmexで30%キャッシュバックの対象店舗にて、お支払いにカードをご利用いただくと、30%をキャッシュバックいたします。

但し、キャッシュバックの総額は期間中合計5,000円まで

という訳で、このキャンペーンの対象店舗を探すことになります。赤坂にある、日本の洋食と言えば赤坂「津つ井」さんが該当するのです。

東京と云えば赤坂、

赤坂と云えば津つ井、

津つ井と云えばにっぽんの洋食

予約の電話をして19時30分に3名で訪問です。

19時の予約では満席と言われたのですが、19時30分なら空いていると言われたのでした。

自分たちが訪問した時は入りは1割程度です。19時の満席はどうゆう訳だったのでしょうか。

まずはビールで梅雨のうっとおしい空気を取り払います。

そして、「津つ井」に来たなら、ビールのおつまみは、自分にはこれしかないのです。何を隠そうポテトサラダ(ポテチ)なのです。

津つ井のポテチはそんじゃそこらのポテチとは違うんだな。にっぽんの洋食は津つ井の代名詞のごとく、ポテチのキメが細かいのです。ピューレ状に近いのです。

こんなポテチを食べた経験は、津つ井しかないんだな。

ポテチを酒の肴にスーパードライ、たまりません

そして、メインの洋食はカニクリームコロッケ定食2つと海老フライ定食です。

他の洋食屋さんではカニクリームコロッケは食べませんが、津つ井さんにお邪魔した時には無性にカニクリームコロッケを食べたくなるのです。

ポテチと同様に、カニクリームコロッケの中身もキメが細かい、大変まろやかなカニクリームなのです。そして、外の衣は大変薄い、カリッと揚がった逸品なのですね。

連れは本来の海老フライ定食は海老フライが3本なのですが、こちらの海老は大きいので、2本にした定食にしてもらったようです。

そして、お会計はAMEXカードできっちりと済ませ、30%のキャッシュバックを後日いただきます。

このアメックスのキャンペーンの締め切りは9月24日までですね。

何はともあれ、「津つ井」さん、ご馳走様でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。