今日は牛タンの“ねぎし”で牛タン三種盛りセットを食す。最後は牛タン1切れ残し、麦めしにとろろをかけ回せば、最高の締めご飯

小池都知事の自粛要請に従っているわけではありませんが、この4連休は天候があいにく悪いんだな。

だから必然的に自宅に籠る生活を続けています。

だけど、夕食は運動がてら外食に勤しむ4連休なのです。

そんなダラダラとした生活を送っていますが、時の経つのは早く、はや連休3日目なのです。

今日も夕食のレストランを考えないといけません。

困った時はチェーン店ですね。そろそろ半年ぶりに「ねぎし」の牛タンを食べたく相成ったのでした。

「ねぎし」は当然予約なしの激突訪問です。

19時に3名で都心にある支店に伺ったのでした。

店内に入るや否や、ビックリの光景なのです。一昨日と前夜訪れた「ニュー 鳥ぎん」と「津つ井」さんは閑古鳥が鳴くような客の入りだったのですが、ほぼ満席の光景にはビックリしたのでした。

それでも何とか空いているテーブル席を見つけて、無事、食事ができることになったんだな。

「ねぎし」の牛タンに対する評価ですが、一番良い点は味が安定しているところです。

美味い牛タン屋さんは他にもたくさんあると思いますが、やっぱり味のバラツキが多いと思います。

その点、「ねぎし」さんの牛タンは味と値段を考えれば、通いたくなる牛タン屋さんなのです。

そして、まずは飲み物です。「ねぎし」では自分はいつもワインを2本注文するのが定番なのです。

つまみは、単品で牛タンを注文します。牛タンをつまみにワインで乾杯です。

楽しくワインを飲んでいると連れが注文をつけるのです。

ここのワインを飲んで、いつも悪態をつく状態になるんじゃないの、何か悪いものがはいっているんじゃないの、とチャチャを入れるのです。

悪いものでも入っていると言うのは、お店に失礼だろう、と一喝です。

まあ、牛タンにはワイン、よく合います。こちらのワインは酸味が強いきりりと冷たいワインですね。

そして、注文です。連れ2人は共に、「ブラッキーセット」と声を合わせます。

ちなみにブラッキーとはねぎし特有のメニューですね。

「ブラッキーには特製タレ」の法則

使用しているのは、地平線の彼方まで続く広大な牧場で育ったアメリカンビーフ。

旨味のある脂をまとった極上牛カルビ「ブラッキー」と、九州の甘めの醤油ににんにくや生姜、唐辛子などのスパイスや野菜を10種類以上ブレンドした深みのある特製タレは、まさに文句なしの好相性。

ごはんがすすむ味わいです。

雄牛の「BULL」、牛肉を食べて幸せな気分になっていただけるよう願いを込めた「LUCKY」を合わせた「BLUCKY ブラッキー」は、ねぎしのメニューの愛称として名付けました。

そして、自分は牛タン三種盛りセットです。

だけど、1年ぐらい前からねぎしのメニューは大胆に変わりましたね。

品目をかなり削って、定番のみに寄せているようなメニュー構成です。

これで売上が落ちないのであれば、オペレーション的にも在庫にも負担がないですね。

だけど、牛タンはおいしいな。ワインを飲みながら、牛タンを食す幸福感に満足、満足です。

そうこうするうちに、牛タンはどんどんなくなっていくんだな。

そして、最後は牛タンを一切れ残し、麦めしに“とろろ”をかけまわし、食べる幸せが残っていますね。

テールスープもいい味を出しています。完成された定食です。

そして、連休3日目の楽しい夕食タイムは過ぎていったのです。

そして、自宅に帰った時、連れが「今日も帰りの道では悪態をついていたわよ」とキツイお言葉を頂戴したのでした。

今日もおいしい牛タン、「ねぎし」さんご馳走様でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。