日本最東端の納沙布岬の「鈴木食堂」で生サンマ丼、1,300円を食す。“さんま丼はここで生まれ、ここだけの味”

北海道一周旅行の9日目です。

本日の宿泊は釧路です。屈斜路湖から釧路までは直行すれば2時間弱の距離だとは思いますが、今日の最大の目的地は日本最東端の納沙布岬です。

途中、道の駅「ねむろ」にお邪魔します。

こちらの道の駅では、湖にいる鶴や野鳥を見れるスポットがあるのですね。

そして、道の駅では売店の方に飲まされた芽かぶ茶(株式会社東光、根室市納沙布41)です。

1袋購入したのですが、あまりのうまさに自宅に帰ってから10袋追加注文した逸品でした。

そんな寄り道をしながら、最東端の納沙布岬にお昼ぐらいに到着したのでした。

日本最北端の宗谷岬と違い、こちらの海と景色は険しい風景です。

岬の先には記念碑と日本国旗も掲揚されています。かなりものものしい雰囲気もします。

まあ、この海の先には北方領土をかかえておりますので。

岬の売店で旅の記念にコースターを1つ購入したのでした。

そして、こちらの岬では是非、食べたいものがあったのです。「鈴木食堂」のサンマ丼なのです。

全国的な人気を誇る生サンマ丼やカニの刺身を生み出した店。サンマの水揚げの拠点の根室でしか食べることができない味を提供する。

営業時間は5-10月頃の9:00-15:00(時期により異なる)

TEL: 0153-28-3198

その「鈴木食堂」を目指します。納沙布岬の記念碑から海を見ながら、右手方向に30メートルぐらいのところに食堂はあります。

看板には、“さんま丼はここで生まれ、ここだけの味”とあります。

だけど、12時30分ぐらいでしょうか、店内にはお客さんが誰もいないのです。

ここは勇気を持って、入ります。

メニューは5種類です。

  1. さんま丼(1,300円)
  2. さんま丼+鉄砲汁(1,900円)
  3. 鉄砲汁(700円)
  4. さんま丼(1,300円)
  5. カニカレー(1,200円)
  6. つぶ煮(650円)

そして、自分たちは純粋にさんま丼が目当てなので、Aのサンマ丼を3つ注文です。ご飯はごく少量です。

こちらのお店は初老の男性2人で切り盛りされているお店のようです。

店内にはたんさんの色紙もあります。

店内には大きなストーブも用意されています。

本当に夏は短いのでしょう。厳しい気候の地です。

ビールを注文したいのですが、本日は釧路まで行かないといけないので、ひたすら自重です。

注文して5分、生さんま丼がサーブされます。

さんまはねっとりとしています。かなりの数のサンマの切り身がもられています。

これぐらいなら、ペロリといけますね。まあ、確かにこの風景と気候の中で食べる生サンマ丼、貴重なのでしょう。

店内には「悩みの五訓」も飾られています。

食べ終わった後は、ひたすら寄り道をしながら釧路を目指します。

途中、よさげな厚岸にある道の駅にお邪魔します。

ここは、牡蠣が有名なのかな。2Fにはオイスターバールもあるのですね。道の駅でこんな洒落たレストラン、珍しいですね。

牡蠣好きの自分としては、こんなバールを見つければ、お邪魔しないわけには行きませんね。

こちらの生牡蠣はマルえもんという牡蠣です。1個250円。

家族は2つづつ、自分は4つを食して大満足の牡蠣体験です。

そして、こちらの道の駅で家族が購入したソフトクリームです。今回の北海道旅行で食したソフトクリームは両手以上食べましたが、この厚岸のソフトクリームがダントツでおいしかったとのことです。

そんなこんなで本日の宿泊地、釧路に無事到着したのでした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

宝うに缶詰 キタムラサキウニ
価格:2916円(税込、送料別) (2020/9/9時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

宝うに缶詰 キタムラサキウニ2個セット
価格:5832円(税込、送料別) (2020/9/9時点)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。