Go To Eatを早速利用。一休独自のキャンペーンも利用すれば、ポール・ボキューズで一人3,500円、フレンチディナーが食べれる

10月に入って最初の土曜日の夕食です。

そして、いよいよ“Go To Eat キャンペーン”も始まりました。

Go to Eatには、登録飲食店で使える「プレミアム付食事券」と、オンライン予約での来店で次回以降に飲食店で使用できるポイントを付与する「ポイント付与」の2種類のキャンペーンがあり、この10月1日からスタートしたのは、ポイント付与の事業の方です。

ポイント付与は、「ぐるなび」などオンライン飲食予約サイト経由で、キャンペーン期間中に予約・来店をした人に対し、“次回”以降に使えるポイントを付与。

昼食時間帯は500ポイント、(15時以降)は1,000ポイントを付与

そして、自分がよく利用するレストラン予約サイトが「一休」なのです。

このGo To Eatとは別に現在、「一休」では独自の一休ポイントの10%還元キャンペーンも合わせて展開しています。

一休.com レストランでは、獲得ポイントをその場で利用できるようになりました。合計金額から実質10%割引でご予約いただけます。

予約期間:2020年10月31日(土)まで
こんな外食キャンペーンを展開されては、これに乗るしかありません。
ここ数か月は利用していなかった「一休」で本日のレストランを探します。
今日は銀座界隈でお店を探します。
予算は一人5,000円ぐらいまでかな。
そして、ピッタリの金額のお店がありました。
「ブラッスリー ポール・ボキューズ 銀座/マロニエゲート銀座1」です。一人5,000円(税・サービス料込)。なんと今、絶賛展開中のダイナースのフランスレストランウィークの特別メニューなのでした。
ダイナースプレミアムカードを保有していた時には、ダイナースのレストランウィークにはよく利用させていただきましたが、最近はとんとご無沙汰なのでした。
19時に3名で訪問です。お客さんの入りは3割ぐらいかな。少し寂しいですね。
まずは保有する銀座ダイナースクラブカードを見せれば、ウェルカムドリンクが各人にいただけるのです。無料のウェルカムドリンクはうれしいな。
で、本日のメニューはプリフィックスなので。
  • ソーセージのブリオッシュ、鴨のテリーヌ
  • サーモンのパイ包み焼き
  • 菜彩鶏 胸肉のポッシェ
  • クリーム・ブリュレ
赤ワインはハウスワインでカラフェ2/3(2,400円)をいただきました。
最初のお皿、鴨のテリーヌですが、ポーションはかなりあります。テリーヌはふつうに美味しいな。
ブリオッシュの方ももう少し工夫があってもよいのではと思う前菜なのでした。
続いて二皿目、サーモンのパイ包みは定番の安定したお味の一皿です。
三番目のメインのお皿です。こちらも鶏胸肉も量があります。このソースは「ソース・シュープレーム」と書いてありますが、ふわっとしたソースでおいしいソースでした。
ただ、鶏肉は量が多すぎ、食べきれませんでした。
デザートは「ムッシュ・ポール・ボキューズのクリーム・ブリュレ」の名に恥じないおいしいブリュレですね。
デザートは別腹で完食です。
おいしゅうございました。
で、Go To Eatと一休独自のキャンペーンを合わせると1人3,500円で食べれるとなると、お得感は半端ありませんね
キャンペーンに乗せられているだけかもわかりませんが、こんな大盤振る舞いではフル活用するしかないな。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。