マリオット ボンヴォイ系列の「ザ・プリンス 京都宝ヶ池」は朝食込みのラウンジ利用料金が5,000円とは、無料宿泊券は温存かな

師も走る、師走、12月に入りました。

約3週間後に出かける年末年始の旅行のことです。

今年は当然、国内なのですが、四国と年始には関西に滞在する予定なのです。

そして毎年、SPGアメックスからいただくマリオット ボンヴォイで利用できる無料宿泊券があるのです。この有効期限が2021年1月31日までということで、京都で利用しなければと思い、先日、宿泊予約をしていたのです。

但し、この無料宿泊券ですが、自分が予約した後に、現状では新型コロナウィルスが終息せず、更に欧米では拡大している状況で無料宿泊およびポイントの有効期限は2021年8月1日まで延長されると発表されたのです。

で、京都で宿泊予約したホテルは昨年にマリオット系に加入した「ザ・プリンス 京都宝ヶ池なのです。そして、先日、そこの宿泊予約係の人からメールが届いたのでした。

ちなみに、当方は大人3名で宿泊予定です。内容は、

大人3名の場合には、具体的には下記の金額をお支払いいただくこととなります。
エクストラベッド代1泊あたり:6,050円(消費税・サービス料込)
宿泊税:200円(200円×1名さま1泊分)
→合計:6,250円

当然、エキストラベット代は必要と思っていたので、これで準備願いますと返答したのでした。ちなみに、当方、マリオット ボンヴォイの現在のステータスは「プラチナ」です。

すると、再度、返答のメールがあったのです。

また、〇〇さまはプラチナ会員様でいらっしゃいますので、
ご同伴1名様までは私どものラウンジを無料でご利用いただけます
3名様ともラウンジをご利用の場合は1名様分について下記の追加料金が必要となりますこと、
予めご容赦くださいませ。
ご朝食時間帯のみ:3,500円(税込み)/日
全時間帯:5,000円(税込み)/日

そうすると、無料宿泊のつもりで宿泊の予定が、3名共にラウンジを利用すると、エキストラベット代も含めて11,250円、支払う必要があります。

ところが、実はこの無料宿泊予約の他に更に前に別のホテルの予約を持っているのでした。

  • 京都東急ホテル 朝食付 トリプルルーム 19,822円

これはGo To トラベルの35%の割引をきかせた値段です。だけど、地域クーポンの15%は別途もらえるはずです。その分は約3,000円となるのです。

そうすると、ザ・プリンス 京都宝ヶ池」ではラウンジが自由に終日使えるという利便性はありますが、実質的には値段差は5,500円程度の負担です。

それを考えれば、2021年の8月31日までの1泊分の無料宿泊券を残して、京都東急ホテルに泊まった方がよいということになりますね。

そして、自分のマリオット ボンヴォイの現在のステータスは「プラチナ」ですが、これはステータスマッチで手に入れた3ケ月有効の暫定ステータスですが、3ケ月で15泊のホテル修行をしようと思っていたのですが、結局は今回は断念したのでした。

一度もマリオット ボンヴォイの「プラチナ」で宿泊できなかったのは残念無念です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。