渋谷に行ったら“桂花ラーメン”に立ち寄るしかないな。トッピングの茎わかめを忘れないでね。何と、太肉一本盛も登場とは。

3ケ月に1回は必ず渋谷に行かないといけない用事があるのでした。

もう30年来通っている歯科医院があるのです。そこで、定期的に歯のクリーニングをしなければならないのです。そして、3ケ月に1回、渋谷に行く楽しみもあるのです。

渋谷のセンター街の脇の路地に熊本ラーメンの名店「桂花ラーメン」があります。

自分的には、東京にあるラーメン屋さんで定期的に通っているのが、

  • 桂花ラーメン
  • 京都銀閣寺 ますたにラーメン

なのです。昔は二郎ラーメンにも通っていたが、年齢を考えるとボリューミーすぎですね。

「桂花ラーメン」の渋谷店の開店時間は11時です。歯医者の予約が10時から30分の治療、11時にはロフトの開店とともに入店して、来年の手帳のリフィル、「ロルバーンA5」とモレスキン(MOLESKINE)の「クラシック ノートブック ミディアム」のノートも購入し、来年に向けての準備も整いました。

そして、11時20分に桂花ラーメンの渋谷店に入店です。

先客は3名で、この時間から桂花ラーメンを食べているということは固定客なのでしょう。

桂花ラーメンでの人気No.1は元祖太肉(ターロウ)が太肉麺(ターロウメン)だと思いますが、自分は普通の桂花ラーメン派(780円)なのです。

そして、ここでは禁断の麺を大盛(150円)にしてもらうのです。桂花ラーメンは替え玉より、大盛の方が合っていると思うのです。キッパリ

やっぱり桂花ラーメンの特徴はあの麺にあるのだと思います。少ししわしわとした触感なのです。だから桂花ラーメンでは麺は大盛なのです。そして、大盛にすれば味付玉子が1個ついてくるのです。

普通の桂花ラーメンだと味付玉子が半分しか乗っていないんだな、これが。

そして、経過ラーメンに来た時には、決して忘れてはならないトッピングがあるのです。何といっても“茎わかめ”(100円)は必須なのです。

そして、食券機で経過ラーメン+大盛+茎わかめを購入です。しめて、1,030円なりです。

席について2分待ちます。

席の前のポスターをヒョイと見れば、何と太肉一本盛(ターローいっぽんもり)という新しいメニューです。何と太肉が1本そのままのっているとは、豪快なラーメンです。限定商品でお値段は何と2,020円というビックリ価格です。

桂花の餃子も妖しい香ばしい光を放っています。

そんなことを考えていると、いよいよ桂花ラーメンの大盛・茎わかめの登場です。

このしわしわ麺と少ししょっぱい豚骨スープが最高に合うのです。時たま、茎わかめをコリコリ、シワシワと言わせながら、食べるのです。至福の時です。

というわけで、あっと言う間に完食です。

おいしいものを食べるのは本当に短時間で終わるんだな。

次に確実に来るのは3ケ月先ですね。

今日もおいしいラーメン、ご馳走様でした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【桂花】桂花ラーメン1食入×1袋
価格:324円(税込、送料別) (2021/2/10時点)

楽天で購入

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【桂花・冷蔵】桂花特製太肉(ターロー)80g入×1袋
価格:519円(税込、送料別) (2021/2/10時点)

楽天で購入

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。