楽天ゴールドカードの改悪される2021年4月が近づく、kyashカードの還元率も悪くなったを実感するこの頃

自分が保有する楽天カードは年会費2,200円の「楽天ゴールドカード」なのです。

既に2021年の1月に既に既出の話題ですが、自分の保有する楽天ゴールドカードに直撃する大改悪があったのです。

この「楽天ゴールドカード」は楽天市場で利用すると、従来は

  • プラス4倍の楽天ポイントを獲得でき、基本ポイントと合計で5%の還元

であったのです。だけど2021年4月以降は改悪されて、

  • プラス2倍(合計で3%分)に変更

になり、年会費無料の「楽天カード」と同じレベルになったのでした。そんな2021年の4月もあと1ケ月でやってくるのです。

楽天市場では「楽天プレミアムカード」(年会費1万1千円)以上のカードしかプラス4倍は付帯しなくなるのです。

楽天ゴールドカードではポイント付与率が低下する代わりに、誕生月に新たなサービスが始まります。誕生月に楽天市場や楽天ブックスで利用するとポイントが1倍プラスされます。但し、上限は2,000ポイントなので、20万円使ってこのサービスの2000ポイントを獲得しても楽天ゴールドカードの年会費(2,200円)を下回るのです。

ということは、楽天ゴールドカードを持つ必然性はまったくなくなったと思えます。

自分は悪いことに、年更新月が年末だったので、解約しようにも後の祭りの状態だったのです。

自分が準主力で利用している「Kyashカード」の還元率も2021年2月1日より還元率が1%から何と0.2%に大改悪されて.います。だから、最近、「Kyashカード」を利用してもkyashポイントがほとんど付かないんだな。納得しました。

ということは、貴重なサイフのカードホルダーにこの「Kyashカード」を入れておく必要性はないということかなと思うのです。

2021年3月の年度末に向けて、再度、クレジットカードの断捨離をしないといけないな。そして、自分のここ数年間の主力カードは、「ANA VISA プラチナ プレミアムカード」なのです。三井住友カードもプラチナカード以外は大きな改悪がありましたが、このプラチナカードは比較的軽微で済んでいます。

やっぱり安定の「ANA VISA プラチナ プレミアムカード」というところでしょうか。

だけど、今年の年末には間違いなく「楽天ゴールドカード」を解約して、普通カードに切り替えないといけません。忘れ場に行うには、手帳にメモしておくしかないな。

そんなことを思う今日この頃です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。