“たかがゴミ箱、されどゴミ箱”。ジョセフジョセフのトーテム 60L ダストボックスを購入。だけど値段に尻込みするな

先日、我が家で10年以上利用してきたキッチンのゴミ箱がついにご臨終になったのでした。要はゴミ箱を開ける蓋の金属部分が劣化して、空けることができなくなったのでした。完全に耐用年数を迎えて、廃棄処分することになったんだな。

そして、急遽、代わりのゴミ箱を探さなくてはならなくなったのでした。やはり、ゴミ箱は実物をお店で見て、決めたいと思うのです。“たかがゴミ箱、されどゴミ箱”なんだな、これが。

そんな時は東京六本木にある「LIVING MOTIF」 (リビング・モティーフ)に急行するしかありません。1Fの生活雑貨のコーナーをうろつきます。

そして、いくつかのゴミ箱が展示されてあり、その中でも一番スタイリッシュで機能的なゴミ箱に目が留まったのでした。

その商品とは、「Joseph Joseph / ジョセフジョセフ トーテム 60L ダストボックス」というものです。40Lと60Lがありますが、大は小を制すのとおり、60Lの方がよさそうです。

商品説明です。

トーテムはごみの分別に特化した多機能ダストボックスです。上段・下段共に大容量の30Lバスケット入りで、毎日たくさんのゴミが出るキッチンに最適。トップのフタはワンタッチで開閉が可能で、内側の脱臭フィルターがゴミの嫌なにおいをやわらげます。

下段は取り外し可能な仕切り付きで必要に応じて分別が可能。キャスターも非常にスムーズで、捨てる時も取り出す時もストレスなく引き出せます。4Lの生ゴミ用キャディは上段にも下段にもセットでき、取り出してそのままキッチンで使っても快適です。いずれもバスケットは取り外して丸洗いが可能で衛生的に使えます。

  • サイズW39×D36.6×H81.4cm、フタ開き時:H105.5cm
  • 容量上段:30L、下段:30L

素材もステンレスとプラスチックの2つがありますが、ここは絶対に美しさの点からいってもステンレスでしょう。ちなみに、お値段ですが、定価では33,000円です。

ゴミ箱のお値段にしては尻込みする値段です。

そして、このJoseph Joseph / ジョセフジョセフというブランドですが、聞きなれない名前です。英国発祥のブランドとのことです。

日常の小さな問題を見逃さず、デザインで賢く解決することを目的に、2003年に立ち上げられたJoseph Joseph。キッチン用品にとどまらず、ダストボックスや水回り用ツールなど革新的で機能的な製品を送り出しています。

そして、自宅にいったん帰り、頭を一旦冷やし、ネットでの販売を確認します。どう考えても、このゴミ箱しかないなと言う結論に至ったのでした。10年利用すれば、元はとれるだろうと思ったのでした。

楽天市場の中で検索してみれば、どうやら最安値24,990円で同じ商品が販売されているのでした。兵庫県姫路市の業者さんですね。

そして、この値段ならばということで、ポチったのでした。その商品が先日、無事届いたのでした。届いた時の外箱がでかいんだな。

数日利用した限りでは、こんなラクチンなゴミ箱はないなと思いました。ボタン一つで上ぶたが開くなんて素敵すぎです。キッチンで存在感を放っています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。