VisaカードのApple Payへの対応を、5月11日より開始。三井住友カードは15%還元

既にネットで広く取り上げられていますが、ビザ・ワールドワイド・ジャパンは、VisaカードのApple Payへの対応を、5月11日より開始したのです。

VisaカードをApple Payに設定することで、Visaのタッチ決済対応店舗、アプリやウェブサイト上などでシンプルかつスピーディーに決済ができるようになります。

Apple Payへの対応するカードは、下記8社です。

  • アプラス
  • SMBCファイナンスサービス
  • NTTドコモ
  • エムアイカード
  • クレディセゾン
  • ジャックス
  • 三井住友カード
  • 楽天カード

そして、自分のメインカードは三井住友カードが発行するANA VISAプラチナカードなのです。

三井住友カードでは、独自に期間中にVisaのタッチ決済をApple Payで利用すると、もれなく最大1,000円分(※ご利用金額の15%相当)をプレゼントするというキャンペーンを展開します。

  • [キャンペーン内容] キャンペーン期間中に、Visaのタッチ決済をApple Payでご利用いただくと、最大1,000円分(※ご利用金額の15%相当)をプレゼントします。
    • ベースのポイント還元分は含みません。
  • [期間] 2021年5月11日(火)~6月30日(水)
  • [条件] 期間内にApple PayでVisaのタッチ決済を利用ください。

対象カードは、以下の3つのVISAブランドのカードです。

  • スタンダードカード
  • ANAカード
  • Visa LINE Payクレジットカード

対象カードを持っている方は、

  • 特典は、各カードごとに付与
  • 特典は、条件達成したカード1枚につき最大1,000円分を付与

なので、カード1枚ごとに最大1,000円分の還元を貰えるということになります。

特典 条件を達成された方に、最大1,000円分(ご利用金額の15%相当)をプレゼントいたします。 ご利用のカードによって、特典の付与方法が 異なりますのでご注意ください。

  • スタンダードカードとANAカードは、Vポイントで付与
  • Visa LINE Payクレジットカードは請求額へ還元

そうすると最大の1000円を還元を目指すためには、1枚のカードにつき利用金額6,667円(税込)となります。

注意しないといけないのは、支払いの際は、

  • 「Visaで!」
  • 「Visaをタッチで!」

ということです。Apple Payのボタンをタップすると、iDでの決済となり、本キャンペーンの対象となりませんので注意する必要があります。。

そして、本キャンペーンは、“エントリーは不要”で、オンラインショッピングやICチャージ(交通系IC含む)のご利用は、本キャンペーンの対象となりません

セブン-イレブンやローソンなどのセルフレジでVisaのタッチ決済を利用したい場合は、「クレジットカード」から進んでくださいとのこと。

また、三井住友カードVISA(NL)を所持している方は、「コンビニ3社とマクドナルドでポイント最大5%還元!」 + 本キャンペーン15% = 最大20%還元が受けられます。

こちらも注意点として、店員に告げるのは「Visaで」「クレカで」が必要です。
「ApplePayで」とか「iDで」は、iD決済となって5%還元も15%還元も得られません

6月30日まではVISA祭りですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。