マネックスよりマネックスカードが発行始まる。米国株ならマネックスが一番

自分が一番利用しているネット証券業者は、松本大さん率いるマネックス証券なのです。何が良いかと聞かれれば、米国株の品揃えが一番多く、かつトレードも非常にスマートにできるところなのです。

そんなマネックスですが、2021年5月19日より、マネックスカードの申込みを受付け始めています。自分も早速に申し込みしたのでした。

マネックスカードを持つメリットとして、3つのポイントがあります。

  • マネックスポイント還元率 1.0%

カードショッピング利用で、マネックスポイントが100円(税込)につき1ポイント貯まります。貯まったマネックスポイントは、Amazonギフト券やdポイントなどに交換や、また、株式手数料に充当することも可能です。

ちなみに、航空マイルにダイレクトに交換するレートは下記のとおりです。

  • ANAマイレージクラブとのポイント交換 1,000マネックスポイント=250マイル
  • JALマイレージバンクとのポイント交換 1,000マネックスポイント = 250マイル

航空マイルとダイレクトに交換するのはレートが悪いので現実的ではありませんが、1マネックスポイント=Amazonギフト券1円相当と交換するのが現実的には良いと思われます。

2つ目のポイントは、

  • 初年度年会費無料

初年度の年会費は無料、次年度以降の年会費550円(税込)は、年間に1回以上のクレジットカードの利用で無料になります。年間のご利用とはカード入会月の翌月から1年間のご請求をいいます。

3つ目のポイントは、

  • 即時出金サービスが月5回まで実質無料(キャッシュバック)

マネックス証券の「即時出金」サービスは、1回の利用につき、手数料が330円(税込)かかりますが、マネックスカードを保有すると月に5回まで実質無料(キャッシュバック)となります。即時出金サービスとは、証券総合取引口座からの出金が即時になるサービスです。

そして、このカード発行元はアプラスとなりますね。

そのアプラスでは、現在、2つのキャンペーンを実施しています。

  • キャンペーン期間中にお申込みのうえ、カード発行されたお客様は、2021年10月31日までのカードショッピングご利用分のマネックスポイント還元率通常1.0%が、2.0%上乗せ(合計3.0%。ただし毎月2,000ポイントまで)
  • 2021年10月31日までのご入会者は、カードお申込月を含む4ヶ月間にカードショッピングを合計5万円(税込)以上ご利用いただくと、もれなくマネックスポイントを3,000ポイントプレゼント

米国株に関心がある人は、マネックスに口座開設して、マネックスカードを持つべしですね。

券面もプラチナカードぽい色合いで、デザインもシンプルで良さげな感じです。

ハッチさんも友達だしね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。