本日は東京は赤坂の老舗ピッツェリアのエッセドゥエでテイクアウト。ピザとピッツァは違うんだな

土曜日の夕食です。緊急事態宣言は明日6月20日には終了すると思われますので、今回の緊急事態下では最後の土曜日の夕食ということになります。

だけど、やっぱりお酒が飲めないレストランにあえて行くという選択肢はないんだな。ということで本日もテイクアウトで家飲みです。

そして、今日は少し趣向を代えて、イタメシ屋さんの焼きたてのピザの食べようということになったのでした。

どこの焼き立てのピザにしようかは、この店と決めていたのでした。

  • Trattoria Pizzeria ESSE DUE(エッセドゥエ)赤坂店
  • 東京都港区赤坂6-11-13 FABRICビル B1F・1F
  • Tel:03-3585-2232

そして、エッセドゥエさんはこんな感じのレストランなのです。

エッセ ドゥエは赤坂で生まれ、20年以上続く老舗ピッツェリアです。

窯で焼くナポリピッツァがなによりも自慢。 ピッツァ職人(ピッツァイオーロ)が精魂込めて焼き上げています。

王道のマルゲリータから、オリジナルピッツァまで。 種類豊富に、何度ご来店されても楽しめるラインナップをご用意。 ピッツァに合うワイン、食事を盛り上げるアラカルトメニュー。

美味しく楽しいイタリアンの時間をご提供します。 ​

                                   Trattoria Pizzeria ESSE DUE スタッフ一同

肝心のナポリピザについてです。

Napoli Pizza とは? ​

従来のピザとは異なる「ナポリタイプのピッツァ」として差別化されています。 イタリア語では「Pizza Napoletana(ピッツァ・ナポレターナ)」と呼ばれています。 ​

縁の部分が不規則に膨れているのが特徴です。 400℃以上にもなる高温の窯で一気に焼き上げることで、 表面がパリッと、中はふんわりもっちりとした食感。 本場ナポリでは、手軽に食べられ、ボリュームがあり、いろんな食材を楽しめることから、身近なフードとして親しまれています。

そして、本日注文したピッツァはこの3種。

  • マルゲリータ(1,639円)
  • エッセドゥエ(2,189円)
  • シチリアーナ(1,518円)

そして、忘れてはいけないのが、つまみの“パテ”(1,210円)です。

19時にピックアップに伺います。焼き上がったばかりのピッツァです。

ピッツァのケースの絵柄からも食欲をそそる絵柄です。

何はともあれ、まずはビールとピッツアです。そして、こちらのパテ、たまらない美味しさです。ポーションも厚みがあります。まったりとビールとパテを食せる、幸せです。

続いて、赤ワインを共にピッツアです。やっぱり、シンプルなマルゲリータが美味かな。具だくさんのエッセドゥエは少しもたれる感じかな。

だけど、これだけ注文して6,576円とは何とコスパがよいのでしょうか。

たまには、デリバリーピザではなくて、老舗のピッツァも良いな。そんな土曜日の夜でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。