(物損事故その2)レンタカーで対物破損の事故を起こす。レンタカー会社との交渉はあっけなかった

昨日の対物事故を起こした件の続きです。

まずは、いの一番で対応しないといけない警察対応は無事に終わりました。

次にはレンタカー会社とです。レンタカー会社からいただいた事故対応表に沿って対応します。初めてよく読んでみたのですが、対物で事故をした時は、とにかく警察に届けて事故証明をもらってくれ、との記載があります。例えば、自宅の駐車場で物損をして、他人に迷惑を全く掛けていない場合でも、そのような対応が必要なのだろうと、想像できます。

だけど、悪い時には悪いことが続きます。レンタカーを借りるときは、今回は魔が差したように、保険に入っていなかったことに気づいたのでした。

ということは、シャッターの修理もレンタカーの傷の修理も自分ですべて手出ししないといけないのかな、と妄想するのです。

ということは数十万は必要だろうな。ということで、ここはもう、諦めの心境でした。

起こしたものはしょうがない。高い勉強代です。

ということで、シャッターのオーナーの方にも自分で修理費はすべて出します、と伝えて後にしたのです。

まずは、レンタカー会社に電話します。極めて事務的に手続きが進みます。

自分の契約をわかっていらっしゃるのに、保険会社にも連絡してくれとのことです。こちらの指定の損害保険会社は「あいおいニッセイ」ですが、極めて対応はすばらしいです。的確な問いで指示してくれるのです。

TVのコマシーシャルで見る、ソニー自動車保険の内田有紀のようです。

連絡してから、2時間ぐらいですべての処理が終わりました。後はレンタカーを返却さえすればよいとのことです。レンタカー会社と保険会社との電話は各2回だったかな。

だけど、今回は自分は保険には入っていないので、保険会社は絡まないと思っていたのですが、「あいおいニッセイ」の方が言われるには、後はすべて保険会社で対応しますので、あなたが相手方と交渉・対応することは一切ありませんと。

続けて、レンタカー会社の方からも電話があり、

  • 免責実費料 100,000円(対物 50,000円・車両50,000円)
  • ノンオペレーションチャージ(NOC) 20,000円
    • 万一、事故・盗難・故障・汚損等を起こし、車両の修理・清掃等が必要となった場合、その期間中の営業補償として。

合計120,000円をレンタカー返却時にお支払い下さい、とのことです。

保険に入っていなくとも、これだけの出費で済むのには驚いた次第です。12万円はかなり痛い出費ですが。

よくできています。さすがトヨタのレンタカー会社と思った次第です。

そして、事故車の返却です。返却時も極めて簡単で、係の人に傷と凹みの付いたところを示すだけで、返却完了です。120,000円をクレジットカードに請求しますということで、窓口の対応も平時と全く変わりなく、数分ですべて終了したのでした。

その後、保険会社からもレンタカー会社、シャッターのオーナーからも何も一切の連絡がありませんので、今回の事故は何事もなく収まったのでしょう。

この関係者の一連の対応はすばらしかったな。保険に入っていなくとも、最低限の保険ではカバーされていることに気づきました

レンタカーで事故を起こすと、ドライブレコーダーは付いているのかななどと妄想したのですが。

やはり、レンタカーを借りる時、保険は入った方がよいよ。何があるかわかりません。

入っていない時に間違いなく事故を起こすんだな、これが。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。