3ケ月ぶりの赤坂「津つ井」で外食を堪能。アルコールOKだよ。老舗の矜持を見せてもらいました

久しぶりに土曜日の夕食に外のレストランに食事にいったことを書きたいと思います。

外のレストランでお酒が飲めなくなって、まったく食事に行きたいと思わないのです。もっぱら、土曜日の夕食はテイクアウトなのでした。

そんな時、贔屓にしている(自分が思っているだけですが)、日本一の洋食を標榜する(暖簾にその旨が書いてあるのでしかたありません)赤坂の「津つ井」にテイクアウトの注文をしたときに、お店ではすでにアルコールをサーブしているというではありませんか。

ある程度格式のあるレストランでも出しているということは、このアルコール禁止令にかなり怒り心頭なんだろうな、きっと。

というわけで先週の土曜日は赤坂の「津つ井」を訪問したのでした。(実は先々週も予約の電話を入れたのですが、既に満席とのことだったので。皆さん、よく知っていらっしゃいます)

18時30分ら訪問です。約3ケ月ぶりの外部のレストランを訪問です。

やっぱり外のレストランで食事、楽しいな。

メニューの言葉です。

肥えた舌は、うならせる。

笑顔の頬は、落としてみせる。

津つ井の思いを込めた逸品ぞろいです。

こんな言葉もあります。

よいお酒は、酔い心地が違います。

津つ井のお墨付き、おすすめのよい酒です。

開高健さんの文章のようです。わかっていらっしゃいます。

そしてた、まずはビールを注文です。エビスビールです。つまみの“おから”がまた、うまいのなんのです。ビールがぐいぐいすすみます。

そして、本格的なおつまみは、あの繊細な裏ごしされた“ポテトサラダ”です。久々の外飲み、至福の時です。

食事の注文です。3名それぞれです。

  • カニクリームコロッケ
  • エビフライ
  • オムレツ

自分はカニクリームコロッケを単品です。ビールを飲みながら、いただくカニクリームコロッケ、超うましです。ビールも早2本目です。こちらのカニクリームは本当に繊細なカニクリームコロッケなんだな。

家人のエビフライはかなりウェルダンに揚がっています。みんなうまそうに黙々と食しています。

やっぱり、外の食事は楽しいな。早く中国飯店にも行きたいな

あと10日余りで緊急事態宣言と禁酒令は撤回されると思いますが、本当に悪法ですね。

アングロサクソンとの思想の違いは明白です。やはり自己責任論は大切だと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。