2021年10月、インタンブール空港のラウンジは少ししょぼいな、アルコールなしとは、トホホ。朝だからかな

インタンブールの空港に到着し、国際線のトランジットです。羽田からインタンブール行きのエアラインは乗客は少なかったですが、さすがに世界有数にハブ空港です。朝の到着便のピークということもあるのでしょうが、乗り換え客はかなり多いです。

荷物チェックを受けるラインは行列です。

そして、イスタンブールの新しい空港です。この空港は自分には初めてですが、造りはクエートなどの空港と同じ感じの造りです。中央にオブジェがありそこからそのオブジェを囲むようにショップが展開されています。だけど、規模感的にはカタールの空港などと比べて小さいかな。お店もそんなに多くない印象です。

そして、何はともあれ、ラウンジを目指します。朝ビールでも飲もうかと思ったのでした。

ターキッシュエアラインズのラウンジはさすがに地元だけあって、2階の一番よい場所です。中は広いですが、また比べて悪いですが、カタール航空のラウンジと比べるとしょぼいかな。

そして、決定的にまずいのは、朝のこの時間帯だからかもわかりませんが、アルコール類が置いていないのです。温かい食べ物も、スープとサンドイッチがあるぐらいです。

あとはたくさんのパン類やデザート類はあるのですが。

だけど、この広いラウンジも席がないほどに、混んでいるのには驚きました。

ターキッシュエアラインズ利用の方で入室資格のあるかたは、少しがっかりしますね、これでは。

それと、こちらの空港にはプライオリティ・パスで入れる「iGA Lounge」というものが2階にあります。こちらにも入って見ましたが、アルコール類はなし、食事もほとんどなし、ということで早々に退散です。ちなみに「iGA Lounge」の前には、スカイチームのラウンジもありました。

そんなこんなで2時間もすぐに過ぎ、次のローマへのフライトが近づきました。搭乗ゲートに移動です。さすがに欧州に向かう便は乗客がたくさんいますね。

そして、こちらでは搭乗の際、空港係員がワクチン接種摂取証明書の提示が求められました

自分は日本の自治体発行の英文の摂取証明書をみせて、OKということになりました。

機内に入ってみると、ビジネスクラスは満席です。おそらくエコノミー席も満席状態でしょう。そして、欧州行きはビジネスクラスといっても、あのシートはエコノミーで真ん中席ブロックかと思っていましたが、ターキッシュエアラインズは少し広めのちゃんとしたビジネスクラス席です。

エンターテイメントは羽田-イスタンブールの長距離路線と全く同じです。

食事については、エコノミーに少し毛が映えた食事かな。それでもアルコールも提供してくれます。というわけで、朝からシャンパンをいただいたのです。

ローマまでは3時間のフライトです。映画を1本見れば、いよいよローマ・フィウミチーノ空港に到着です。ローマは4-5年ぶりの訪問かな。飛行機の窓から見ると本日は快晴のようです。

そして、いよいよイタリア入国です。先のブログでも書きましたように、驚くべき光景を目にしたのでした。降機してから入国審査までは何のコロナ関係の関所はありません

EU住民以外の入国審査場には人が誰もいないのです。当然、行列もありません。

審査官にパスポートを提示します。にこにこしながら、何の説明も何しに来たのか、などの質問も一切なしです。

これが2021年10月現在のイタリア入国の現状です。

バゲージクレームにも人がほとんどいません。

こんなローマの空港の到着ロビーの光景、当然、人生で初めてみたのです。コロナウイルス禍、2年弱経過しても国際線の空港は影響大ですね。

あのイタリアでも、飛行場やエアラインなどの公共交通機関ではマスク100%ですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。