ヤマト運輸の集荷の際に支払える決済サービスが始まったよ。名前は「にゃんPay」、何か弱そうな名前だな

個人宅では年に何回しかないと思いますが、あると便利なサービスが始まったのですね。

本日はヤマト運輸の宅急便の話しなのです。

誰にも年に数回はあると思うのですが、たまに自宅に集荷に来てもらって宅急便を送ることがあるのです。まあ、その場合、基本現金で支払うことになりますね。そんな時にに電子マネーでサクッと支払いできればと思うのです。できれば、汎用性の高いスマホ決済でね。PayPayとかね。

そして、宅配便の雄と言えば、泣く子も黙るヤマト運輸の「クロネコ」です。

そんなヤマトさんから集荷の際に決済できるスマホ決済アプリがリリースされたのです。

その名も「にゃんPay」です。何か、弱そうな名前だな。(失礼)

メリットとしては、にゃんPayで支払えば、12%の割引が得られるということです。 発払い料金から。このにゃんペイでの支払いができる場所は、ヤマト運輸営業所もしくはセールスドライバーの対面集荷の際だということです。

そして、自分が良心的だなと思った点は、“オートチャージ(ちょうどチャージ) 1回あたり 500円以上1円単位”というところです。

オートチャージで最低3,000円などを設けるところが多々ある中で、かなり良心的と思った次第です。

このにゃんペイを登録する手順としては、ヤマト運輸公式アプリをダウロードして、クロネコIDを取得して、登録する必要があります。このサービス、おそらくみずほ銀行と提携して提供しているのかな。

このサービス、月に数回ぐらいヤマト運輸を利用して発送する人にとっては良い決済サービスなんだろうな。一番困るのが、そんなヘビーユーザーでもない中途ハンパに宅急便を使う人だと思うんだな。

自分的には利用するかしまいか、悩むところです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。