東京ドームのポールマッカートニー祭りに行ってきた。終わりに、「また会おう」と言っていたということは?

昨日(2018/11/1)は東京ドームでポール・マッカートニーのコンサートに家族4名で行った。ポール・マッカートニーのコンサートでは前回と前々回も同じ東京ドームに行った。

今回は、「フレッシュン・アップ・ツアー」

直前まで東京ドームでの2開催分のチケットの告知をしていたので、入りが気になったが、そんな杞憂は全くなかった。今回のアリーナのAブロックだったので、少し見にくい場所ではあったが。

年齢層はやっぱり高い。アリーナをぐるっと見渡しても、シニア層や背広組も多数いた。若者はほとんど見ない。

ただ、今回のポールのセットリストは少し渋い曲が多かったかな。特に前半は。セットリスト的には、1年半前の方がよかったと思うが。

「Jet」も「Long and winding road」もやってくれなかったし。そして、会場が一番盛り上がったのは、「Hey Jude」の全員での合唱したところだったかな。後半の「something」からの一連の流れはすごくよかったと思う。だけど、ホーンセクションが今回3名入っていたが、これはなくてもよいのではと、個人的には思った次第。

ただ、終わりの言葉でまた、気になる挨拶をしていた。「まあ、会おう」といっていたような。ということは、また、来るということなのかな。間違いないな。前回も前々回も同じような挨拶をしていて、必ず来日しているので。また、散財してしまう怖さ。

備忘録のため、今回のセットリストは下記のとおり。

  1. A Hard Day’s Night
  2. Junior’s Farm
  3. Can’t Buy Me Love
  4. Letting Go
  5. Who Cares
  6. Got to Get You into My Life
  7. Come On to Me
  8. Let Me Roll It
  9. I’ve Got a Feeling
  10. Let ‘Em In
  11. My Valentine
  12. 1985
  13. Maybe I’m Amazed
  14. We Can Work It Out
  15. In Spite of All the Danger
  16. From Me to You
  17. Love Me Do
  18. Blackbird
  19. Here Today
  20. Queenie Eye
  21. Lady Madonna
  22. Eleanor Rigby
  23. Fuh You
  24. Being for the Benefit of Mr. Kite!
  25. Something
  26. Ob-La-Di, Ob-La-Da
  27. Band on the Run
  28. Back in the U.S.S.R.
  29. Let It Be
  30. Live and Let Die
  31. Hey Jude

Encore:
I Saw Her Standing There
Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (Reprise)
Helter Skelter
Golden Slumbers
Carry That Weight
The End


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。