ベルトラのマチュピチュ1日観光ツアーは高額ですが、現地で確認したツアー代金と比較すれば妥当な値段です。だけど、高すぎ

2019年夏、ペルーのマチュプチュ遺跡を初めて訪れました。

実は、南米もペルーも初めてです。

行程は、アエロメヒコ航空を利用してメキシコシティ経由でリマに到着。リマからクスコまでは個人で確保した航空券でクスコに到着しました。

さすがに、家族もいるし、マチュプチュ観光にはクスコ発のツアーに入って行った。

日本の海外オプショナルツアー専門サイトのVELTRA(ベルトラ)で下記のツアーを予約して当日観光した。

  • 世界遺産マチュピチュ遺跡日帰り観光ツアー☆現地でガイドと合流するリーズナブルプラン!<英語ガイド&スペイン語ドライバー/クスコ発>
  • お勧め★ビスタドームシート(プレミアムクラス)
  • マチュピチュを訪れる観光客の間で最も一般的に利用されている人気シート。車両の上部もガラス張りになっており、開放感抜群!アンデス山脈景色を眺めながら、マチュピチュまでの道中もお楽しみいただけます。
  • 大人(12歳以上) USD 401.00

日本で予約した時にはえらく高いツアーだなと思った次第。日本で選ぶには他にあまり選択肢がないようなので、このツアーに入って行った。

そして、クスコに着いて現地で入れるツアーのパンフレットが手に入ったので、ベルトラのツアー料金と比較してみた次第。

現地パンフレットのマチュプチュ1日観光ツアーは12歳以上でUSD 225.00です。

但し、この値段にはクスコからマチュプチュ村に行く往復の鉄道運賃が入っていません。

マチュピチュ行く鉄道はペルーレイル(青色の列車)とインカレイルの2種類あります。特に差はありません。値段もトントンです。都合のいい時刻表の方に合わせればいいと思います。

ちなみに、比較的良い時間の観光客向けのビスタドームの列車の値段は片道USD 76.00程度します。

ペルー・レイル Peru Rail のインターネット、ホームページからもチケットは購入することができます。

クスコからマチュピチュ村に行く方法は何種類かあります。

クスコからマチュプチュ村に行くルートでよく使われるのが、「クスコ→オリャンタイタンボ駅→マチュピチュ村」のルートみたいです。

ただ、調べてみると、個人でオリャンタイタンボ駅に行くのも結構大変ですね。車で1時間半から2時間程度かかります。

そうすると、現地のツアーに入って自分で鉄道チケットも確保して、単純合計でUSD 377.00ドルになりますので、VELTRAのマチュプチュ観光ツアーの代金が決して高いものというわけではないと確信しました。

ただ、いろんな人の情報と現地のマチュプチュの様子を見れば、公式にはマチュプチュ遺跡に入場するには正規のライセンスを持ったガイドの同伴が必須と報道されていますが、あまりの人の多さに遺跡入口では自分にもチェックされていないように思えたのでしたが。

それと、観光客用のビスタドームの列車を使わず、ガイドなしで突撃すればかなり安くマチュプチュ観光はできるとは思います。

また、マチュプチュに何度も行ったことのあるひとりっPさんは、マチュプチュ遺跡には1日当たりの入場制限数があり、チケット販売数も限られているとのこと。

注意したいのは、遺跡を見下ろす二つの峰ワイナピチュやマチュプチュ山にも1日あたり400人の人数制限があり、登りたい場合は、登山券付きの遺跡入場チケットを買う必要があるとのこと。別売りはしていないとのこと。

なので、個人で行く場合、ペルー行きorクスコ行き航空券は購入する前にまず入場チケットのチェックをすることが大事とのこと。特に、ワイナプチュは人気につき、3ケ月先までいっぱいなんてこともザラとのこと。

だけど、現場のワイナプチュを見たものとして、あんな険しい山を昇ったらシニアは死ぬなと思った次第です。

公式サイトはこちらです。www.machupicchu.gob.pe/

まあ、かなり秘境の地にあるマチュプチュ、良い子はツアーに入って行った方が無難です。



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。