ベルトラの「イグアスの滝 ブラジル側から眺める!日帰りツアー」。最終地点での桟橋の先端での水浴びには注意を。合羽必須

翌日は同じくベルトラ(VELTR)さん経由で申し込んだブラジル側からのイグアスの滝観光ツアーです。そして、申し込んだツアーが下記のものです。

  • ブラジル側から望むイグアスの滝1日観光ツアー<英語ガイド/イグアス発>

そして、このツアーはアルゼンチン側のプエルト・イグアスからのホテルピックアップはUSD 49ドル、ブラジル側のイグアスのダウンタウンのホテルのピックアップならUSD 32ドルと値段が違うところです。

当日のホテルピックアップは朝8時です。待っていると、おばちゃんが運転する普通車がピックアップに来ました。スペイン語しか話せないドライバーです。

後で判りましたが、この方は我々をブラジル側からアルゼンチン側の待ち合わせ場所まで運ぶだけのドライバーだったのです。ブラジル側の街道沿いの大きなお土産品屋さんで降ろされ、ここでツアーバスが9時にピックアップに来るとのことで、おばさんは去っていきました。

そして、ここは多くのツアー客のピックアップ場所なのでした。

本日の方が大きいバスです。ツアー客も多いです。だけど、ほとんどの方がスペイン語を話す人のツアーのようです。英語は結局、我々家族だけの完全アウェーでした。

このツアーもチケットは自分で購入ですね。入場料は70ブラジルレアル(約1,800円)

そして、入り口の反対側でまた、バスに乗り込みます。かなり公園内を走り、ブラジル側の有名なホテル「Belmond Hotel das Cataratas」の前で下車です。

丁度、ここがブラジル側の観光ルートの入り口なのですね。

そして、このルートではガイドさんは同行しません。自分たちで好きなように散策します。

ルートの最終でのレストラン広場でのピックアップ時間を指定されます。

自分たちで自由行動しながら、滝を右側に見ながら、昨日とはまた違った絶景が楽しめます。

こちらのルートは小さい小動物がたくさんいます。

写真スポットもたくさんあります。

約1時間半ぐらいひたすらまっすぐに進むと、最後のクライマックスの突き出た桟橋がありました。自分たちは事前の調べていなかったので、当日は合羽を持参していませんでした。

先端部分まで行くと、かなりの水を浴びることになります。自分たちは結局、合羽なしで済ませましたが。スマホが濡れないように気をつけながら、写真撮影タイムです。

合羽が欲しい方は、途中のお店でも調達することができます。

そして、ここが終われば、エレベーターで昇ればレストランがある広場です。

時間も丁度12時前ぐらいです。

レストランやショップも開きはじめ、自分たちはショップでテイクアウトしたもので、滝の岸辺でランチをしました。

この岸辺はのんびりできてよいですね。

バスのピックアップ時間までこちらで休憩です。

本日は、そのあとはオプショナルツアーに申し込んでいなかったので、ツアーバスで直接、アルゼンチン側まで送ってもらい、アルゼンチン側のイグアスの街「プエルト・イグアス」の適当なところで降ろしてもらいました。

ガイド誌に書いてあったとおり、こちらの街は少しのレストラン以外はほとんど何もないところですね。

イグアスの滝はアルゼンチン側も良いし、ブラジル側も甲乙つけがたいぐらい良いですね。

ただ、時間の関係などでどちらか一つと問われれば、観光できるルートが長いアルゼンチン側からの観光ということになるのかな。

ブラジル側の桟橋の先端での水を浴びるのも捨てがたいですが。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。