空の上では気が緩むのでしょうか?JAL国内線の機内販売でJAL限定バックを買ってしました。CAさんからは大感謝されたが

先日、家族のことで鹿児島に急遽帰省することになりました。

羽田発が8時ちょうどのJAL643便を利用することにしました。こちらは、ブリティッシュ・エアウエイズのAviosを利用した取った特典航空券です。

JALマイルやAviosを利用してJAL便を予約するときは、片道づつ予約するようにしましょう。

何故なら、変更やキャンセル時に柔軟に対応できるためです。ここがツボですね。

そして、今回はAviosを利用してのチケットなので、JALグローバルクラブのチケットカウンターへです。Aviosを利用しての特典航空券ですが、BAのHPからも事前の座席指定はできるのですが、JALのステータスでの座席が見れないので、事前には適当なところの座席を予約しておいた次第です。

JGCカウンターで足元の広い席(通称、庶民のファーストクラス席)が空いているかどうか聞いてみると、何と丁度2席確保できるとのこと。ありがたや。

この767-300の機体ではJALは足元広い席が2列続いてあるのですね。

1時間30分のフライトですが、できれば足元の広い席に座りたいものです。

チェックイン後、JALのラウンジへ。まあまあの込みようですね。

ここ数年は国内線は利用していなかったので、国内線のラウンジは利用していませんでしたが、やっぱり食べ物類が寂しいですね。

まあ、朝から生ビールが飲める、幸せで満足しましょう。

そして、優先搭乗で機内へ。シートの上の東京オリンピックのマスコットが置いてあるではありませんか。マスコットの写真を撮っていると、CAさんがもう1体のマスコットもいますよ、と言って持ってきて並べてくれました。

キャラクターの名前は「ミライトワ」と「ソメイティ」ですね。

朝から恥ずかしい思いをした次第です。羞恥プレイをしてしまいました。

鹿児島空港からは、リムジンバスで天文館まで。料金は1,300円です。このバス、補助席も使うほどの盛況ぶりでしたね。

そして、2日後、鹿児島から羽田に戻ります。鹿児島 12時50分発のJAL 646便です。

鹿児島空港のサクララウンジですが、コンパクトですが、スナック菓子もあり小休憩には快適な空間ですね。

帰りは残念ながら、非常口席は空いておらずで、残念。

ただ、帰りの便では行きから目を付けていた機内販売を買ったんだな。

巻頭ページに紹介されていた機長とCAさんが一押しのグッズです。

  • セーブ マイ バック ビッティーミス JAL限定バック(10,000円)
  • インディーズワールド メンズレインコート(6,000円)

この2点をお買上しました。JALカードでの支払いで、10%引きですね。計14,400円の散財です。

こちらの機内では我々以外は機内販売で購入している人がいなかったせいか、CAさんから大変感謝されました。感謝されるほどの買い物ではないのですが。

最近は、国際線でも機内販売をよく利用するのですが、空の上だと気持ちが緩むのでしょうか、地上に降りて若干後悔することも多々ある日々ですね。

まあ、慌ただしい鹿児島の帰省でしたが、帰りの機内販売でホッコリですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。