雑誌「サライ」で紹介されたいた「疲れ知らずの靴下」というものを購入。確かによく締まる、肉厚な靴下です。

突然ですが、今回は靴下の話しです。

先日、シニア向けの雑誌「サライ」の中で紹介されていた商品なのですが、商品名「疲れ知らずの靴下」という靴下があるとのこと。

紹介者は、「メンズクラブ」などで編集長を務められ、現在はフリー編集者の小暮正洋(こぐれまさひろ)さんが紹介している逸品です。

足の疲れは高機能の靴下で解決を。

疲れにくい構造で一歩が楽で軽い。

奈良県のエコノレッグという会社が製造・販売をしています。

特に、立ち仕事が多い人、一日中歩きまわる職業の人にとっては、朗報です。

この商品の特徴は下記の8つ。

  1. 従来のパイル網に比べて、2倍ほどの衝撃緩和効果
  2. 足底部は従来のパイル網に比べて10倍丈夫
  3. つま先の手前にポリウレタンを挿入し、つまずき抑制
  4. 口ゴム部の裏側にポリウレタンを挿入し、ずり落ち防止
  5. ヒールロックのテーピングで踵部を固定し疲れを防ぎ安定した姿勢保持
  6. テーピング編みなのに履きやすい靴下
  7. 吸水速乾効果が高く消臭効果で気持ちがいい
  8. 足裏の形状に合わせ左右非対称のデザインでよりフィット感を実現

なかなかよさげな靴下ですが、お値段もそれなりにします。楽天市場でも販売されている逸品です。

お値段は、定価ベースで下記のとおり。

  • クルー丈 1,800円
  • スニーカー丈 1,600円

サイズ、カラーと素材は下記のとおり。

  • (婦人用)22-25センチ
  • (紳士用)25-27センチ、27-29センチ
  • ブラック、グレー、ネイビーの3種
  • 素材はポリエステル・麺・ナイロン・ポリウレタン

まあ何はともわれ、実際に購入して履いてみないと何とも言えない。

そして、まずは1足ほどポチッたのでした。

自分が選んだのは、黒の25-27センチの品です。

この靴下の面白いのは、靴下にL・Rの表示があり、どちらの足に履けばよいか明示されているところです。履いた印象は、ある程度の締め付け感のある履きこごちです。そして、少し肉厚な感じです。

確かに、これなら足裏にかかる圧力が軽減されるかな。靴の中敷きはいらないかな。

自分が今まで履いていたユニクロの4着で1,000円の靴下よりは断然よいなとは思います。

だけど、やっぱり値段との比較ですね。

立ち仕事の多い人、足がむくむ人、ゴルフやウォーキングをする人などには最適な靴下かもわかりませんね。まあ、耐久性もあるようなので、お値段はそれなりにしますが、コスパとしてはまあまあ良いのかもわかりませんね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。