ソニーから新発売されたワイヤレスリモートコマンダー機能付シューティンググリップ「GP-VPT2BT」が無性になり、au payキャンペーンで散財

今回の散財はソニーからのEメールが発端となったのでした。

新発売された、ワイヤレスリモートコマンダー機能付シューティンググリップ「GP-VPT2BT、という商品の紹介であった。

ソニーの紹介文によれば、

Bluetoothに対応し、自由度の高いクリエイティブな撮影が可能 よりアクティブに撮影を楽しめる、高い機動力とホールド性を兼ね備えたシューティンググリップです。

防塵・防滴にも配慮した設計に加え、Bluetoothに対応したことにより、カメラ本体の端子カバーを開ける必要がなく、システムとしての防塵・防滴性能も維持。

屋外など撮影環境に左右されず撮影できます。

何を血迷ったのか、これを無性に使いたくなってしまったのです。

カメラに触れることなく撮影操作が可能だとか、何かすごい素敵ではありませんか。

希望小売価格は12,560円+税とのことです。

これだけなら、話しは簡単なのですが、このグリップで動くカメラが限られているのです。

対応する機種は、もちろんソニー製で、それも一眼レフだけというものです。

  • α9 II / α9
  • α7R IV / α7R III / α7 III
  • α6600 / α6400 / α6100、
  • RX100 VII / RX0 II

そして、この商品ですが品薄らしく、ビックカメラでは在庫がなく、現在、取り寄せになりますね。

このボディに合うレンズのことを考えると、何か高い買い物になりそうな気がします。

そして、このソニー製の一眼レフ購入の背中を押したのは、先週から始まった、あの“au pay”の20%ポイント還元キャンペーンです。

これがなかったら、この時期には購入しなかったと思います。

そして、自分が選んだ機種は、α6400です。まあ、カメラの素人ですので、入門用としては十分かと思います。選んだ基準は比較的最近発売された機種でお値段です。

ビックカメラ価格では、11万円ぐらいです。

今回はau pay決済がマストなので、ビックカメラに突撃です。

au payのキャンペーンは、第1週目は2日で終了です。2週目に参戦した訳ですが、おそらく月曜日の1日で終了すると思い、月曜日の夕方に突撃したのでした。

au payに紐づけるクレジットカードは結構考えますね。三井住友カード系は全滅の様です。

何か大人の事情があるのでしょうか。

そして、自分はセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレスカードに紐づけたのでした。

本当は、三井住友のANAプラチナに紐づけたかったが、しかたないですね。

au payにクレカチャージして気づいたのは、金種は自由に選べないということです。

そして、 au payはクレカチャージできる金額は月25万円が上限も覚えていないといけませんね。

ちなみに、au payでのビックカメラのポイント付与は8%でした。

あと大物で購入しないといけないのは、カメラレンズなのですが、来週の最後のau payキャンペーンに突っ込むか思案の最中です。

悩ましいところです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。