「アメリカン・エキスプレス・プラチナカード」のインビテーションが届いたが、心を落ち着かせて、冷静に判断しないといけないな

先日、自宅に「アメリカン・エキスプレス・プラチナカード」のインビテーションの封筒が届いていたのでした。

「アメリカン・エキスプレス・プラチナカード」については、数年前までメインカードとして数年間保有していて、年会費とサービスベネフィットの比較感で自分には別のカードが良いと判断し、解約した過去があるのでした。

それから、メインカードは「ANAダイナース プレミアムカード」になり、ポイント改悪によりこれも解約し、現在は三井住友カードの「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」に落ち着いているのでした。

そんな状況下でインビテーションをいただいたのです。このカードがメタル製のプラチナカードに変更になったのは知っておりました。

また、以前はこの「アメリカン・エキスプレス・プラチナカード」はインビテーション制でしたが、現在は自分からも申し込みもできるようになったので、あまりインビテーションの重要さがなくなったのは残念です。

年会費は130,000円+消費税と決してお安くありません。家族カードは4枚まで無料で発行できます。

自分にとって、この「アメリカン・エキスプレス・プラチナカード」のベネフィットでささるのは以下のサービスです。

(ホテル・メンバーシップ)

通常では、年間数十泊の宿泊実績が必要な上級会員プログラムに無条件で登録ができる。

対象のホテルグループは、

  • シャングリ・ラ ホテル 「ゴールデンサークル」ジェイド会員
  • 「ヒルトン・ホテルズ」ゴールド会員
  • Marriot Bonvoy ゴールドエリート
  • 「Radison Rewards」Gold エリートステータス

(フリー・ステイ・ギフト)

毎年、プラチナカードの更新時に、国内の対象ホテルで利用できる1泊2名様分の「無料宿泊券」のプレゼント

(アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション)

7つのラウンジ・プログラムが利用できます

  • センチュリオン・ラウンジ
  • インターナショナル・アメリカン・エキスプレス・ラウンジ
  • プライオリティ・パス
  • デルタ・スカイクラブ
  • エスケープ・ラウンジUS
  • エアスペース
  • プラザ・プレミアム・エアポート・ラウンジ

そして、今回のプラチナカードの入会特典として、入会すれば、旅行予約サイト「アメリカン・エキスプレス・トラベル・オンライン」で使えるクーポン30,000円分がもらえるということです。

このインビテーション、署名だけして返信すれば、メタル製のプラチナカードが届きますので、署名したい誘惑にかられます。だけど、ここは心を鬼にしてパスかなと思います。

現在、自分が保有しているプロパーAMEXカードはベーシックなグリーンのカードなのです。もっぱらアマゾンでの決済専用にしているカードです。あの、100円=3ポイントねらいなのです。

確かに、昨年夏の南米旅行のブエノスアイレスのエセイサ国際空港で初めて見た「センチュリオン・ラウンジ」には心を惹かれるものがありました。

このラウンジに入ってみたいと思わせる入口の姿なのでした。

だけど、ここは心を落ち着かせて、冷静に判断しないといけませんね、と思った次第です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。