セディナカードを再申込。海外で一番安く外貨をATM引き出すなら、セディナカードが最適。

今年の夏、クロアチアで財布を紛失した。その中に入っていたクレジットカードの1枚が三井住友グループのセディナ・ゴールド・カードだった。

帰国してセディナカードを紛失したので、普通カードにダウングレードして再発行してもらえないか、コールセンターに電話したが、セディナカードではダウングレードのサービスは提供しておらず、一旦、解約をして再加入してくれとのことだった。

冬の旅行までに手に入れておきたかったが、今週、ポイントサイトのハピタスでこのセディナカードの発行で、3,500ポイントもらえる案件が出ていた。慌てて申し込んでみた。ただ、現在はこの案件、姿を消しています。

セディナカードは普段使いはしないカードだった。もっぱら、海外でのキャッシングのみで使うカード。自分の旅のスタイルは、外貨はほとんど現地の空港や町のATMから現地通貨を引き出す。

昔はもっぱらシティバンクの銀行カードだったが、シティバンクは日本撤退。

その代わりに、使い始めたのが、キャッシング枠のあるクレジットカードでのキャッシング

エポスカードも結構手数料が安いという評判だか、できれば、海外キャッシングしたお金は早く返したい。そうしないと、このキャッシングの利息は高いから、利息で負けるため。

エポスはこの手続きがネットで完結できなかったので、そこで登場するのが、セディナカード。

セディナカードの優秀なのは、下記の2点。

  • 手数料というべき利息が一番安いと思う。(最安値かどうかはわからないが)
  • 返金がネットで簡単にできる。Pay-easyが使える

ちなみにセディナの利息の計算の仕方は下記のとおり。

ご利用金額(日本円へ換算後)×18%×利用日数(利用日翌日からの日数)÷365日

よって1万円を7日間借りた場合の利息は、約35円。

これなら両替手数料などと比べてもはるかに安い。

だけど、今回のカード発行で間違えたことが一つありました。

このセディナカード、VISAとMASTERとJCBのどのブランドからも選べます。

一番プッシュしていたのが、JCBだったので、それをポチッとしてしまいました。

後から思ったのは、MASTERブランドを選ぶべきでした。何故なら、MASTERが為替換算時のレートがVISAやJCBよりも良いレートの場合が多いから

海外キャッシングで使う目的でセディナカードを作る場合は、MASTERにすることをお忘れなく。

また、海外ではATMのところに、この端末は「Plus」に対応しているか、「Cirrus」に対応しているか書かれています。ちなみに、VISAブランドはPlusのATMで、MASTERとJCBはCirrusのATMで使えます。



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。