2本目のモスコットのレムトッシュを公式サイトで購入。アメリカから5日で届いた。送料無料だよ

2020年夏の北海道一周旅行の際、立ち寄った札幌でアメリカのアイウェアブランドのモスコット(MOSCOT)の「レムトッシュ(LEMTOSH)」というサングラスを購入したのでした。

その時は自分は確かJALの機内販売であの小山薫堂さんが薦めていたオリバーピープルのサングラスを購入するつもりでお店に出向いたのですが、家族からの非常に強い推薦があったモスコットのサングラスを購入し、オリバーピープルは断念したのです。

殺し文句は、アメリカの有名人はみんな“モスコット”のサングラスだよ、です。

有名人に弱いんだな、これが。だけど、自分はこのモスコットというブランドを知らなかったのです。

1915年創業。ニューヨークのローワーマンハッタンでモスコット家が100年以上、4世代にわたっても続けてきた老舗アイウェアブランド「MOSCOT(モスコット)」。その歴史の中で、作家や芸術家、ビートジェネレーションから愛されてきたデザイン・アーカイブを、当時のディテイルそのままに残しながらアップデート。伝統的なクラシックフレームの魅力を現代に伝えています。

そして、札幌で購入したお店がパルコ内にあったポーカーフェイス(POKER FACE)というお店だったのです。

以来、このモスコットのサングラスが大変気に入って利用したのでした。

2本目が欲しくなるのは必然の流れというものです。そんな時に、購入せざるを得ないものを見つけたのでした。何と、モスコットの公式HPで会員登録すれば、初回の購入に使える10%クーポンがもらえるというものです。こんなものを見せられたら、購入せざるを得ません。

配送はアメリカからされるようで、配送費は無料ということです。関税も必要なしとのことです。

そして、注文したのがこちらです。

  • LEMTOSH SUN カラー:Tortoise サイズ:49

10%のクーポンを効かせて、お会計はUSD 296.27ドルでした。その他の費用は一切なしというものでした。日本の眼鏡店で購入するより随分安く購入できたことになります。

そして、商品はDHLで注文してから5日目ぐらいで届くという、かなりスピーディーな発送プロセスです。

で、届いたこのモスコットのサングラスですが、度付きのガラスに変更する必要があるのです。自分は偶然にも札幌で購入した“ポーカーフェイス”のお店が近くに出来たので、そこにサングラスを持ち込んで度付きグラスに変更してもらったのでした。ガラスは一番安いものですが、約12,000円で交換してもらったのでした。交換にかかった日数は10日です。

トータルで見れば、かなり安くモスコットの度付きサングラスを手に入れたことになりました。そして、その時に助平根性で定員さんに聞いたのでした。

こちらのお店ではボーズ(BOSE)のサングラスを度付きグラスに交換可能かどうかをです。

定員さん曰く、「できると思いますよ」とのご返事だったのです。

また、近々、ボーズのサングラスも購入せざるを得なくなったのです。サングラス愛、爆発です。また、散財しそうで怖いです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。